昨今の社会情勢で、テレワークになったり、外出する機会が減ったりと、みなさん家で過ごす時間が増えていませんか? もしそうなら、自宅のWi-Fiを利用していて、モバイル通信の機会が減っているはずです。それなのに通信契約は以前のまま、ほとんど使っていない大容量通信プランの高額な通信費を支払っていませんか? スマホの契約プランは利用スタイルに合わせて適宜見直したいところです。

とはいえ、この先どうなるかわからないし、いちいちプラン変更をするのは意外と面倒なもの。であれば、定額料金ではなく、使った分だけを支払う従量制プランを検討してみるのも良いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、IIJmioが新たに開始した従量制プラン。SMS付きのデータ通信を従量制で容量1GBあたり480円から利用できるというものです。

データ通信容量1GB単位で使った分だけの支払いとなるので、自宅で過ごし、モバイル通信をあまり利用しなければ安価になります。1GB単位で上限設定ができるため、使いすぎてしまう心配もありません。

今回新たに登場した従量制プランは、au網を使うタイプAでのみの提供となっています。これまでドコモ網(タイプD)のイメージが強かったIIJmioですが、今後はより多くのお客様にサービスを提供できるよう、au回線にも力を入れていくとのこと。今回はこの新プランについてご紹介していきます。

なお、従量制プランの開始を記念したキャンぺ―ンが実施中。注目はスマホの大幅割引キャンペーンです。シャープのAQUOS sense2(SH-M08)がなんと2980円!さらに初期費用1円&かけ放題オプションお申し込みで音声月額割引もあるので、今が一番お得なんです。

1GB単位でコントールできる従量制プラン

IIJmioの従量制プランは、データ通信のみなら容量1GBで480円からと低価格なのが大きな魅力。2GBまでなら700円で、それ以降は1GBあたり200円、最大で20GBを4300円で利用できます。また、+700円でデータ通信だけではなく、音声通話の付与が可能です。

つまり、自宅にいることが多く、外出はコンビニや近所のスーパーに行く程度という生活なら、月額480円、音声通話ありで契約しても月額1180円で済むはず。急に出社が始まったり、インターネット回線がない実家に帰省したりして、データ通信量が増えたとしても、契約プランを変更することなくデータ通信容量1GBあたり200円の追加費用でOK。既存プランの追加クーポンが100MBあたり200円ということを考えると、そのお得度合いがわかるでしょう。

従量制プランの怖いところは、気づかぬうちに使いすぎてしまっていること。気が付いたときにはデータ通信容量20GBの上限いっぱいになっているのでは……と心配になる人もいるかもしれません。しかし、IIJmioの従量制プランでは使いすぎを防止するため、「今月は2GBまで」と上限容量を設定することができます。そのうえ、設定した上限では足りなくなってしまってもう少しだけ……という場合には、月の途中でも上限の変更が可能です。

このほかデータ通信容量をシェアできるSIMが1契約あたり最大3枚利用できるのも特徴です(追加SIMは1枚あたり400円 / 月)。スマートフォンの2台持ちや、タブレットと一緒に使う場合でも安い費用で抑えられます。普段はあまり使わないものの、いざというときのために通信できるようにしておきたい人にぴったりではないでしょうか。

そうは言っても気になるのはトータルコスト。従量制プランはトータルで見ると割高になるのではと心配になるかもしれませんが、IIJmioの従量制プランならそんなことはありません。毎月3GB以上をコンスタントに利用するのであればライトスタートプランを検討するのもありですが、3GB以下で安く抑えたい、あるいは月ごとの使用量の変動が大きいのであれば、従量制プランのほうが実はお得になります。

▲最大20GB4300円で利用できます。大容量を必要とする人にも魅力的ですね。 

もちろん、光回線との同時利用で毎月600円お得になるmio割も併用できます。外出せず自宅の回線のみを使う月には、実質無料で回線維持が可能になります。

従量制プランはタイプAのみ

かなりお得度が高い従量制プランですが、提供されるのがau網を利用したタイプAのみとなるため、端末には注意が必要です。

ドコモ網を利用するタイプDの場合は端末のSIMロックを解除せずともそのまま利用できますが、タイプAの場合、au端末(VoLTE端末)のSIMロック解除が必要となります。とはいえ、いまやSIMロック解除はオンラインで簡単に行えるため、そこまで構える必要はないでしょう。もちろんau網に対応したSIMフリー端末であれば、そのまま問題なく利用できます。

最近では2枚のSIMが利用できるデュアルSIM対応端末が増えているので、メイン回線はキャリアのSIM、サブ回線に従量制プランのデータSIM、といった使い方もできますね。

参考:利用する端末は、SIMロック解除が必要ですか | IIJmio

活用しなきゃ損! とってもお得な記念キャンペーン実施中!

従量制プランの開始を記念して、9月30日までの期間限定でお得なキャンペーンが実施されています

その内容は、キャンペーン期間中は従量制プランの全SIMを対象に通常3000円(税込)の初期費用が1円になるというもの。そして、他社からのMNPで従量制プランを契約する場合には、対象スマートフォンが大幅割引となります。

大幅割引の対象となるのは、AQUOS sense2(SH-M08)、Xperia Ace、iPhone 8(64GB)の3機種。なかでもAQUOS sense2(SH-M08)は、一括払いで2980円と大変お買い得な価格になっています。なお、AQUOS sense2(SH-M08)のみ1人1台の限定です。

AQUOS sense2(SH-M08)

AQUOS sense2(SH-M08)は2018年末発売と比較的新しい端末で、5.5インチ(2160x1080ドット)のIGZOディスプレイを搭載します。IP65/68の防水防塵に加え、FeliCa搭載でおサイフケータイにも対応。米軍調達規格のMIL-STD-810Gの耐衝撃や高温など、9項目をクリアしている堅牢性も魅力です。

Xperia Ace

Xperia Aceは2019年発売のモデル。5インチ(2160x1080ドット)のディスプレイを採用します。防水防塵かつ、おサイフケータイ対応のコンパクトな端末となっています。価格は一括払いで1万7800円。

iPhone 8 64GB

大幅割引となる3機種の中でiPhone 8のみ未使用の新古品となりますが、デバイス本体は通常使用されておらず、キズや汚れなどがない非常に良質なものが取り扱われます。Apple Careには入れませんが、SIMカードとのセット購入時なら月額500円で画面割れや水没も保証対象の「つながる端末保証」に加入できます 。iPhone 8は一括払いで2万3500円となります。

加えて、9月1日(火)からは「家計応援!秋のコミコミキャンペーン」も開始されます。このキャンペーンでは、「はじめての誰とでも10分通話定額割引」(月額830円)オプションと音声通話機能付きSIMを申し込むと、音声通話機能の付帯料月額700円が6か月間無料になるだけでなく、オプションの月額料金830円が7か月間無料に。

つまりこの特典を適用すれば、従量制プランが6か月間通話コミで1GB 480円から使えてしまうというわけ。大変お得なキャンペーンと言えるでしょう。

従量制なのに割安!乗り換えるならこのタイミングがベスト

ややもすると割高なイメージがある従量制プランですが、IIJmioの新プランは低容量帯ならとても割安です。10GB程度までなら既存プランと比べても高くないので、できるだけ安く抑えたい、あるいは毎月の使用量の変動が大きいユーザーにはぴったりでしょう。

IIJmioは積極的に技術的な発信も行っているほか、ユーザーとの交流も盛ん。マニアから初心者までしっかり対応してくれるサービスが魅力のMVNOです。生活スタイルが変わりつつある今、このタイミングで乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。