Macでポインティングデバイスと言えば、MacBookに標準搭載されているタッチパッドやMagic Trackpad、Magic Mouseなど、Apple純正のデバイスを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、操作性に重きを置くのであれば、よりおすすめできる製品があります。

それが今回ご紹介する「MX Master 3 for Mac」。PC周辺機器では老舗と言えるロジクールのマウスです。

「MX Master 3 for Mac」は、同社のMX MASTERシリーズで最上位となる1万円超のハイエンドモデル。お値段を聞いてちょっと引いてしまった方もいるかもしれませんが、テレワークの機会が増えている昨今、パソコンに触れる機会が多くなり、タスクが増えた方も多いのではないでしょうか。そういった時は、使用頻度が高いポインティングデバイスにこだわり、ひとつひとつの動作を短縮していくことをおすすめします。

そして、操作性を重視するのであれば、やはりタッチパッドではなくマウスがベスト。「MX Master 3 for Mac」にはその価格以上の機能と性能が詰まっています。今回はその魅力をチェックしてみましょう。

「MX Master 3 for Mac」ってどんなマウス?

「MX Master 3 for Mac」はその名から予想できるとおり、「MX Master 3」がMac向けに最適化された充電式ワイヤレスマウスです。Apple製品にマッチするスペースグレイのカラーリングを採用し、Bluetoothの接続安定性もmacOSやiPadOS向けにカスタマイズされているなど、Macユーザーが使いやすい仕様になっています。

さっそく外観を見ていきましょう。

形状は右手での利用を想定したものとなっています。ボタン数は7つと多く、ホイールを2つ備えているのも特徴的です。

本体サイズは公称値で高さ51mm、幅84.3mm、奥行き124.9mm。重さ141gと比較的大ぶりではあるものの、親指を置く位置が大きくえぐられており、その形状もあってか手に持ったときに大きすぎるという感じはしません。むしろ自然に手を添えられる印象でした。

「MX Master 3 for Mac」が備える7つのボタンは、左/右クリックのほか、デフォルトでは戻る/進む、アプリの切り替え、ホイールモードシフト、ミドルクリック。左/右クリック以外は後述するソフトウェア「Logicool Options」にて変更可能です。

比較的大柄なマウスではありますが、手が小さめな筆者でも、押しづらいと感じるボタンはなく、心地よいクリック感が得られました。むしろ安定感があり、長時間使っていても疲れにくいと感じました。

各ボタンの使い勝手では、特に親指周りの戻る/進む、ちょうど親指の下に位置するアプリの切り替えボタンは絶妙な配置。少し指を動かすだけで3つ操作ができるため、よく使う機能を親指周りのボタンに割り当てるといいかもしれません。

親指周りで特徴的なのがサムホイールです。こちらは言わば"2つ目のホイール"。横移動の水平スクロールに利用できますが、こちらも「Logicool Options」にて設定の変更が行えます。

そしてメインとなるホイールがMagSpeed 電磁気スクロール。このMagSpeed 電磁気スクロールがかなり秀逸で、コマ送りのように引っかかりが感じられる「ラチェットモード」と、抵抗感がなくなる「フリースピンモード」が備わっています。

ラチェットモードではカリカリとしたフィードバックがあって正確にスクロールができ、フリースピンモードでは回転の惰性でホイールが回り続け、1秒間で1000行のスクロールを実現、縦に長いWebページなどでも一気に最下部までたどり着けます。ポイントはこれらのモードが自動で切り替わる「SmartShift」を備えている点。ホイールを回す際の勢いによって2つのモードが切り替わるため、直感的に操作でき快適です。もちろん、ホイールの下にあるボタンでモードの手動切り替えることも可能です。

それでいてホイールの操作音がほぼゼロに抑えられている静音性も魅力と言えるでしょう。なお、MagSpeed 電磁気スクロールに関しても同様に「Logicool Options」で細かくカスタマイズできます。

搭載するセンサーは200〜4000dpiの間から50dpi刻みで設定できます。また、同社のDarkfieldテクノロジー採用により透明なガラスの上でも操作可能と、使用する場所を選びません。実際にガラスの上で試用してみましたが、カーソルが飛ぶこともなく、その精度の高さを実感できました。

前述の通り、「MX Master 3 for Mac」では充電式のワイヤレス接続が採用されており、接続方式はBluetooth。3つの機器とペアリングでき、底面のボタンで切り替えられる仕組みとなっています。接続する機器のシステム要件がmacOS 10.15以降、iPadOS 13.4以降とされているため非公式にはなるものの、Bluetoothを備えたWindows PCとのペアリングも行え、問題なく利用できました。

充電は先端にあるUSB Type-Cポートから。最近ではUSB Type-C採用の機器が増えてきていますが、マウス製品では依然micro USB Type-B採用機器が多い状況です。その点「MX Master 3 for Mac」ではケーブルの使い回しができるというのもポイントでしょう。for Macというだけあって、付属のケーブルは両端USB Type-Cとなります。

バッテリーはフル充電なら70日利用でき、また、1分の充電で3時間使える急速充電にも対応します。急なバッテリー切れでもストレス少なく使えるのは優秀です。

「Logicool Options」で真価を発揮。好みに合わせてカスタマイズ

7つのボタンと2つのホイールを備える「MX Master 3 for Mac」は、専用ソフトウェア「Logicool Options」を活用することでより使い勝手が向上します。

「Logicool Options」では、各ボタンに任意の機能を割り当てられるだけでなく、ポインタの速度やスクロール速度が細かく調整できるほか、機能の割当なども可能。自分の好みに合わせて、使いやすいマウスに仕上げられます。

各ボタンの設定は「Logicool Options」の「マウス」項目で行います。左/右クリックボタン以外はカスタマイズ可能で、ボタン/ホイールごとで違いはありますが、例えば親指の下部に位置するアプリの切り替えボタンには「ジェスチャーボタン」「Mission Control」「ミュート」「ウィンドウを最小化」「ポインタ速度を変更」「キーストロークの割り当て」などが割り当てられます。

面白いのは「ジェスチャーボタン」機能です。これは単独で押した場合に加え、押しながらマウスを上下左右に動かすことでそれぞれの方向ごとに機能が割り当てられるというもの。1つのボタンに対し、5つの機能を割り当てられるわけです。

いくつかのプリセットが用意されているほか、1つずつ設定することもできるので、好みに応じてカスタムするのも良いでしょう。

「Logicool Options」の「ポイント&スクロール」項目では、文字通りポインタの解像度変更や、前述のMagSpeed 電磁気スクロール/サムスクロールに関してスクロールの方向やスクロール量などが細かく設定できます。

どの程度に設定するかは人によって好みが分かれる部分だとは思いますが、ディスプレイの表示解像度が高いデバイスに接続している場合は各設定を高めにするとストレスが少なくなるでしょう。また、MagSpeed 電磁気スクロールモード切り替えを自動で行ってくれる「SmartShift」は有効かつ、感度を低めに設定すると「ラチェットモード」と「フリースピンモード」の切り替わりがスムーズに感じられます。いずれにせよ実際に設定して試してみるのがおすすめです。

……とここまでは、それなりによくあるマウスの設定機能ですが、「Logicool Options」ではさらに各ボタンの割り当て、ポインタ/スクロールの設定などをアプリケーションごとに割り当てることができます。たとえば、左右にスクロールすることが多いMicrosoft Excelではサムホイールに水平スクロールを、一方で左右スクロールをあまり使わないAdobe Photoshopではサムスクロールにブラシのサイズ変更を割り当てるといった具合。事前に設定さえしておけば、使用しているアプリに合わせて自動で切り替えてくれるので、わざわざ設定変更をする必要がありません。

特定のアプリケーション向けにはプリセットが用意されており、これを適用するだけでも操作性はかなり向上します。また、プリセットが用意されていないアプリケーションでも、個別に手動で設定することが可能です。ここでは筆者がよく使うアプリケーション4つ、「Adobe Photoshop」「Microsoft Excel」「Final Cut Pro」「Google Chrome」での設定例をご紹介しますので、これを参考にしつつ自分に合う設定を見つけてみてください。

上に筆者がよく使うアプリケーション4つ、「Adobe Photoshop」「Microsoft Excel」「Final Cut Pro」「Google Chrome」での設定例をご紹介してみました。括弧内はそのアプリ内での挙動になります。これを参考にしつつ自分に合う設定を見つけてみてください。ボタンだけでなく、ポインタやスクロールの挙動もアプリごとに設定しておけば、まさに自分だけの専用マウスに。作業効率が格段に向上するはずです。

さて、「MX Master 3 for Mac」にはもうひとつ画期的な機能が備わっています。それが「Logicool Flow」※という機能です。

※ logicool Flowでは、ローカルネットワークを介してお互いを接続できるパソコンが必要となります。

これは1つのマウスで最大3台までのPCをシームレスに操作できるというもの。ペアリング先の切り替えも不要です。macOSとWindowsが混在している環境でも使えるだけでなく、ファイルのコピー&ペーストなども行えます。

セットアップは簡単で、それぞれのPCと「MX Master 3 for Mac」をペアリングし、「Logicool Options」をインストール。そのうえで「Logicool Flow」を有効化するだけ。するとデュアルディスプレイ環境のようにカーソルが2台のPCを行き来できるようになります。

実際に試してみたところ、ラグなどもなく非常にシームレス。コピー&ペーストを実行してみても異様に時間がかかるなんてことはなく、1台のPCを操作しているかのように使えました。

ちなみに「Logicool Flow」に対応したキーボード(上の写真は「MX Master 3 for Mac」と「Logicool Flow」に対応したキーボード「MX Keys for Mac」の組み合わせ)も用意されているので、合わせて導入すれば3台までのPCを1組のマウスとキーボードで操作できることになります。複数のPCを使い分けることが多い人におすすめの機能と言えるでしょう。

Mac用マウスの最適解と言える存在。モバイラー向けモデルも

最後に「MX Master 3 for Mac」の特徴をまとめておくと以下の通り。

  • Macに最適化された、7ボタン2ホイール搭載の多機能マウス。

  • ガラスの上でも操作可能な高性能センサーを備え、3台の機器とペアリング可能。

  • フル充電で70日使えるバッテリーを内蔵。1分の充電で3時間利用できる急速充電にも対応。

  • 「Logicool Options」でマウスの挙動を細かく設定できる。アプリケーションごとに設定することも可能。

  • 「Logicool Flow」で最大3台のPCを1つのマウスでシームレスに操作できる。

「MX Master 3 for Mac」の価格は、ロジクール オンラインストアで税込1万4850円。マウスとしてはなかなかの高額ですが、これだけの機能を備え、Macの操作を快適にしてくれるわけですから、価格以上に価値があると言えるでしょう。Macユーザーで多少なりとも操作性に不満を感じているなら試してみることをおすすめします。

・MX Master 3 for Mac販売ページ (Amazon.co.jp)

・MX Master 3 for Mac販売ページ (楽天市場)

実際に試用してみて、この「Mx Anywhere 3 For Mac」にはライバル不在とまで思わせてくれる使い勝手の良さでしたが、あえて難点を挙げるとすればそのサイズ感。もし、持ち運んで使う機会が多い人ならば「もう少し小さいといいかも」と思うかもしれません。

そんな人は、同じくロジクールの「Mx Anywhere 3 For Mac」を選択肢に入れてみてもいいでしょう。こちらはサムホイールがなく、ボタン数が6つになりますが、ひと回り以上コンパクトなモデルになります。

機能的には「MX Master 3 for Mac」と遜色なく、細かいカスタマイズができるうえ、「Logicool Flow」にも対応します。価格はロジクール オンラインストアで税込1万780円。Mac用のマウスをお探しの方はこちらも合わせて検討してみてください。

・MX Anywhere 3 for Mac販売ページ (Amazon.co.jp)

・MX Anywhere 3 for Mac販売ページ (楽天市場)