NTTドコモとEngadgetが女性限定の電子工作イベントを開催します!

3月12日と26日の2日間、場所は六本木のアーク森ビル。参加費はもちろん無料です
今回の電子工作部イベントには2つの大きな特徴があります。

ひとつは、Engadget初の"女性限定イベント"であるということ。

従来の電子工作イベントでも女性参加者はいらっしゃいましたが、女性割合が低めだったため、応募を遠慮してしまう場合もあったようです。

従来のハッカソンでも女性参加者はいらっしゃいましたが、女性割合が低めだったため、応募を遠慮してしまう場合もあったようです。



また、最近では『Geek Girls Carrots』やGeek Women Japan』といった女性専用のテック系コミュニティもにぎわっているとききますし、テック好き女性たちが集まれる場所を少しでも作れればと考えまして、思い切って"女性限定"で開催することに決定しました。





もうひとつの特徴は、電子工作の中核となるプラットフォームにNTTドコモが開発した『Linkingを利用するということです。このプラットフォームはBluetoothの外部機器をスマホアプリとカンタンに連携させるためのもので、さらに、複数機器と複数アプリの連携を一元的に管理できるそうです。




たとえば、連携機器を財布とカサに付けておいて、財布とスマホが一定距離離れたら忘れ物防止アラームが鳴ったり、天気予報が雨のときにカサに近づくと「カサを持って!」と教えてくれる仕組みをカンタンにつくれてしまうというシロモノです。




イベントの参加資格は"18歳以上の女性"であること。モノづくりやIoT、ガジェットに興味ある方でしたら、技術や経験は問いません。主催者側で参加者のスキルを考慮したチーム分けを行い、経験豊富な講師陣がサポートします。

応募締め切りは3月6日(火) 20時です。興味を持たれた方は以下のリンクからご応募ください。








テーマ

『ヘルス&ビューティー』

美容と健康に関連することであれば、化粧やダイエットだけでなく
スポーツや睡眠、食事などでも、もちろんオーケーです。
テクノロジーの力で心もカラダもポジティブにしてしまいましょう。

日時

Day1 3月12日(土) 10時〜19時(その後懇親会の予定)
Day2 3月26日(土) 10時〜19時(その後懇親会の予定)

タイムテーブル(予定)

Day1
午前 チーム分け、 ハードウェアの説明
昼食
午後 アイデアスケッチ、ハードウェアスケッチ、アイデア発表、懇親会 

Day2
午前 試作機制作
昼食
午後 ブラッシュアップ、 試作機発表、懇親会

開催場所

山王パークタワー
東京都千代田区永田町2丁目11番1号


参加資格

メーカー、デザイナー、ハッカー、システムエンジニア、ビジョナリスト、モノ作りを愛する人は大歓迎。またHTML/JavaScript/CSSでのWeb開発経験のある方、iOSアプリのプログラミングができる方、Arduinoでの工作経験者といったスキルのある方も大歓迎。
※3月12日/26日の両日参加できる個人の方が対象になります。
※さまざまな方に参加いただくため、団体申し込みは受け付ておりません。ご注意ください。

スケジュール

3/ 6(日) 20:00まで 応募期間
3/ 8(火) 選考結果をご連絡いたします
3/12(土) Day 1 山王パークタワー
3/12(土) 〜 3/25(金) 研究開発期間
3/26(土) Day 2 山王パークタワー

応募

Peatixの専用申し込みフォームより。定員は約40名。締切は3月6日20時00分。







最後にみなさんをサポートしてくださる講師もご紹介いたします。

講師陣略歴

松村礼央 博士(工学)karakuri products 代表。東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野 特任研究員。タスカケル株式会社 取締役。在学中は人型ロボットの開発・製造に従事、代表作は「robovie-mR2」。2012年にBLEを活用したツールキット「konashi」の 企画、開発に従事。2013年に独立しkarakuri productsを設立。現在はセンサ・ネットワークから得た活動文脈を活用したインフラについて研究し、その成果展開を行っている。近著に 「iOSxBLE CoreBluetoothプログラミング」(ソシム(株))がある。



石井力重 アイデアプラント代表。アイデア創出支援の専門家。東北大学大学院・理学研究科修士課程卒業。商社勤務、独立行政法人のフェロー、ベンチャー企業 駐在を経て、2009年、アイデアプラントを創業。ブレインストーミングや創造技法の実践と理論の両面に強い興味を持ち、創造工学を研究中。「アイデア発 想を支援するツール」の作家として多様なアイデア発想ツールを開発。全国各地の企業、大学、公的機関等で、多様なアイデアワークショップを実施。ワーク ショップの実施対象の分野は先端技術産業から行政や漫画家まで、多岐にわたる。著書に『アイデア・スイッチ 次々と発想を生み出す装置』。2014年4月より早稲田大学・人間科学部にて非常勤講師も勤める。