OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここ最近の自宅での悩みが"テレビ録画とチャンネル権"のライター中山です。

リビングのテレビは42インチと大型で、外付けHDDでの録画対応モデルなのですが、ちょっと古いためチューナーがひとつしかありません。録画がスタートするとそのチャンネルに固定されてしまい、家族から大変不評なのです。

さらにテレビで録画した番組は、同じテレビでしか視聴できないので、せっかく録画しても観られる場所はリビングだけですので、録画した番組だけがどんどん増えていくことに。

そんな自宅のテレビ問題を解消するために目を付けたのが、アイ・オー・データ機器の録画テレビチューナー『REC-ON(HVTR-BCTX3)』です。

3波×トリプルチューナーでチャンネル争いとはおさらば

REC-ONは地デジとBS、CSの3波×トリプルチューナーを搭載しているので、同時に最大で3番組まで録画&視聴可能。つまり裏番組を2つ録画している状態でも、もうひとつチューナー空いているので、ライブ視聴で自由にチャンネルを切り替えられます。ちなみにWOWOWなどの有料放送もちゃんと同時録画できるので、放送時間帯がかぶっても安心です。



さらにREC-ONを接続したテレビ以外にも、PCやスマホ、タブレットで番組を観られるのもウレシイポイント。同時に2台まで外部機器で視聴できるので、オンタイムで観たい番組が重なっても問題なし(宅外からの視聴は1台まで)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分としては、Windowsのストアアプリで視聴できるのが◎。仕事をしながら流し観するのに最適です。特にWindows10の場合、ストアアプリをウインドー表示できるので、デスクトップの配置にも自由が利いて重宝します。

そのほかタブレットでの視聴も気に入ったポイント。防水タブレットを使えばお風呂場でのテレビ視聴も可能で、長湯の好きな自分にピッタリの相棒となります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


HDD容量は録画スタイルやコストを考えて自分でチョイス

3波×トリプルチューナーということで、あの番組もこの番組もと録画したくなってきますが、気になるのはHDDの容量です。REC-ONはHDDを内蔵せず、別途USB HDDを購入して接続するタイプです。これは一見するとめんどうなような気がしますが、ヘビーな録画ユーザーには逆にありがたいポイント。

まずひとつめは、別途HDDを購入したほうが確実に低価格ということ。3チューナー搭載のHDDレコーダーは、2TBのモデルで7万円前後と高価です。ところが、REC-ONにアイ・オー・データ機器の2TBのHDDを組み合わせると実売価格5万円以下で購入できます。

さらに保証の対象外ですが、HDDケースと内蔵用のHDDを組み合わせれば、もっと安くシステムが構築できます。容量もメーカー保証は6TBまでですが、システム的にはそれ以上の容量でも認識しそう。自分がどれくらい録画するかと予算に合わせて、HDDの容量を決められるわけです。



もちろん、いままでテレビにつなげていたHDDを再利用することもできます。その際にフォーマットが必要となるので、テレビで録画しておいた番組は消えてしまいますが、HDDを無駄にせずにすみます。また、一度に接続できるHDDは1台だけですが、最大8台までのHDDを登録できますので、どうしても録画データを残しておきたい人は、HDDを交換して保管しておくというテクも使えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HDDの接続自体はカンタン。というかREC-ON自体もカンタンです。アンテナケーブルやHDMIケーブル、USBのHDDなどを接続して電源を入れれば、設定画面からスタート。あとは基本的には決定ボタンを押していくだけでオーケーでした。

設定後の番組表や録画番組の視聴方法、さらに付属のリモコンも一般的なHDDレコーダーに似ていて使いやすいです。

ただし番組表からの録画予約は本体からしかできないのは残念。外出中に録画したい番組に気が付くこともあるので、ここは改良して欲しいポイントですね。


番組持ちだし機能を使って、外出中でも観られる

外出用に、録画番組をスマホやタブレット、PCへと転送できる機能も気に入ってます。録画時に転送用のデータを作成する設定で予約しておけば、番組録画終了後、自動でしばらくすれば持ち出し可能になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストリーミングでの視聴にももちろん対応していますが、導入しているネットワークの状態によっては外部からの接続時に利用できないケースもあります。また、LTEなどのモバイル通信だとデータ通信量を消費してしまいます。

これが持ち出しなら、オフラインでも視聴できるのでネットワークまわりの制限はありません。自分は旅好きですが、最近は格安航空会社の飛行機を利用する機会が多く、国際線でも機内のビデオサービスなどがないのが悩みの種。でもこれなら、あらかじめタブレットに録画しておいたテレビ番組を転送しておけば、機内の退屈な時間も楽しく過ごせます



もちろんスマホに転送して、通勤中の電車の中でというのもオーケー。場所にとらわれず録画番組を観られるので、「どんどん録画番組が貯まっていく」という状況も回避できます。

3波×トリプルチューナーでチャンネル争いがなくなり、大容量の外付けHDDによって自由にHDD容量(録画時間)を決められる。さらにネットワーク対応で、テレビ以外でも視聴でき番組の持ち出しにも対応しているので、ネットワークがなくても使えると、今の自分の不満をほぼパーフェクトの解消してくれるのが『REC-ON(HVTR-BCTX3)』。テレビ好きは絶対導入して損はないアイテムですよ! %VIRTUAL-slideshow-348613%