JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州のJR5社とNTTコミュニケーションズは3月18日、新幹線車内の列車公衆電話サービスを6月30日で終了すると発表しました。

列車公衆電話サービスは、列車内に設置された公衆電話と、鉄道沿いに設置された基地局を無線回線で接続し、交換局を経由して固定電話回線網に接続する仕組みです。

各社の発表によると、携帯電話の普及により列車公衆電話サービスの利用が減ったことや、トンネル内などを含めてすべての新幹線で携帯電話の利用が可能になったことを受け、サービス終了を決めたそうです。

6月7日以降、新幹線車内デッキの公衆電話は順次利用できなくなります。このため各社は、携帯電話や駅構内などの公衆電話を利用するよう呼びかけています。

Source : JR各社とNTTコミュニケーションズ

Via:NTT