モバイルSuica会員数が1000万人突破、登場から14年7か月で──JR東日本

エコバックが当たるキャンペーン実施

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年09月9日, 午後 03:20 in suica
0シェア
FacebookTwitter
engadget
Engadget Japan

JR東日本は、2006年1月28日から提供している「モバイルSuica」の会員数が、2020年9月8日に1000万人を突破したと発表しました。

「モバイルSuica」は、携帯端末でICカード「Suica」の機能が使えるサービスです。携帯端末からの操作でチャージや入金や定期券・グリーン券を購入可能。また、店舗での支払いなどキャッシュレス決済手段としても活用できます。

14年7か月前のサービス開始当初はフィーチャーフォンに対応していました。その後、スマートフォンの普及に合わせ、2011年7月にAndroid端末への対応を開始。2016年10月には「Apple PayのSuica」としてiPhoneやApple Watch対応も果たしています。2018年5月にはGoogle Payにおけるサービスも開始しています。

なお、1000万人突破を記念して、9月20日から10月31日までの期間中に「Suicaのペンギン オリジナルエコバック」を抽選で3900人にプレゼントするキャンペーンを実施します。対象は、期間中にモバイルSuicaに会員登録をしていて、下記条件を満たしたユーザーです。

engadget
Engadget Japan

なお「Mizuho Suica」「Garmin PayのSuica」「Suicaアプリに会員登録していないApple PayのSuica」を利用しているユーザーは対象外となります。また、キャンペーンへの参加には事前エントリーが必要です。

Source:JR東日本

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: suica, mobilesuica, jreast, payment, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents