JR東日本は鉄道チケット予約サービス「えきねっと」を2021年夏頃をめどにリニューアルすると発表しました。

リニューアル後、スマホへ発行される「QRコード」を駅の指定席券売機にかざして、指定席券を含むきっぷを受け取れるようになります。

JR東日本の新型指定席券売機にはQRコードリーダー機能が標準搭載されていますが、現時点ではもっぱらパンフレットに印刷されたコードを読み込んで、「お得なきっぷ」のチケット発券画面にアクセスする機能ぐらいしか使い道がありません。ユーザーごとに違う指定席券の発券機能の搭載により、本格的な活用が進みそうです。

QRコード読み取り機能付きの指定席券売機

なお、JR東海・JR西日本は「エクスプレス予約」で予約した新幹線のチケット発券ですでに券売機のQRコード読み取り機能を活用しています。

このほか、えきねっとのリニューアルではコンビニ払いやATM払い、オンラインバンキングでの購入にも対応。クレジットカードを持たないユーザーの利便性も向上します。また、ポイントプログラムはJR東日本の統一ポイント「JREポイント」への統合が計画されています。

Source:JR東日本 ニュースリリース