東北・北海道新幹線の「はやぶさ」全列車の1号車が「リモートワーク推奨車両」となり、全区間で『新幹線オフィス』として利用できるようになります。JR東日本とJR北海道が6月14日〜7月16日(土休日除く)に実施します。

これは、”場所や時間にとらわれない多様な働き方や暮らしの実現”に向けてJR東日本が実施している『新幹線オフィス』実証実験の第2弾です。

「リモートワーク推奨車両」内では、座席にてウェブ会議や携帯電話などによる通話が可能。また、仕事に集中できるよう、席は他の客と隣り合わないようになっており、D席とB席は利用できません。座席の指定もできません。

なお、今回の実証実験では、KDDIの協力のもと、au 4G LTE回線を利用できるWi-Fiルータを1人1台貸与するほか、パナソニックが開発した、視界の6割をカットし集中力を高めるノイキャンヘッドフォン「WEAR SPACE」も利用できます。

engadget

そのほか、パナソニックの骨伝導ヘッドセットや、エプソンのスマートグラス、ウェブ会議中に会話内容が周囲に漏れないように「情報マスキング音」を流すヤマハのスピーチプライバシーシステム「VPS-2」なども用意します。

これらツールは一部列車で体験可能。ツールが体験できる対象列車は下記の通りです。

Source:JR東日本