JT「プルーム・エス・2.0」発表、メンソール向けに吸いごたえを向上

7月2日から全国のコンビニなどで販売

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月1日, 午後 03:45 in JT
0シェア
FacebookTwitter

JTは6月1日、高温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エス(Ploom S)・2.0」を発表しました。7月2日から全国のコンビニエンスストア及び全国の一部たばこ販売店等にて発売します。本体価格は税込み3980円です。本体カラーはブラックとホワイトの2色で、数量限定でアイス・シルバーも展開されます。

プルーム・エス・2.0はメンソール特化型としてバージョンアップしたデバイスです。JTの推計によると加熱式たばこはメンソールを選択するユーザーが7割を占めており、メンソール感の向上を求める声が多くあったそうです。

プルーム・エス・2.0では、新加熱モード「テイスト・アクセル」を搭載。これにより現行の「プルーム・エス」よりも加熱温度のピーク時間が長くなり、メンソールの爽快感と吸い応え、フレーバーの香り立ちの向上を実現しました。その他の変更点としては、加熱待ち時間が約40秒から約30秒に短縮し、充電端子はUSB Type-Cになりました。

Engadget
Engadget Japan

関連リンク:プルーム・エス・2.0製品サイト(JTオンラインショップ)

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: JT, Cigarette, Ploom S, news, gear
0シェア
FacebookTwitter