main

AFU STOREがGREEN FUNDINGにてホットサンドメーカー『SOLEMOOD』のプロジェクトを実施中です。価格は1個5980円(本来の定価)ですが、21%OFFの4680円など割引価格で購入できます。

Engadget

今回試用していくのは火を使わずにホットサンドが作れる一品。筆者も直火のホットサンドメーカーを使ったことがあるんですが、しっかり焼きすぎて丸焦げにしてしまったという激苦な経験があります。しかし今回の『SOLE MOOD』は電気を通じて温めるので直火よりも安心度は高いです。

過去にホットサンドをつくった経験は丸焦げにした一回のみなので、実質初めてのホットサンド作りです。

image
▲まろやかなシェルピンクが目をひく『SOLEMOOD』隣に写っているのはワッフル用のプレート。

大事な大事なハンドルロック部分がかなりしっかり出来ているんですよね。カチッと開けやすく閉じやすい。そんなに意識しない部分かもしれませんがとても大事なところですよね。ちなみに今回はワッフルはやりませんよ!美味しいホットサンド作りたいんだから!

大きさは1000mlペットボトルに近いくらい。重さも1.4kgと置き場所にも困りません。電源コードも直付けなので特別なものは必要ありません。コンセントに挿せばすぐ使えます。

image

本体横のスイッチを押せばプレートが取り外しできる仕様に。あとはもう丸洗いできます。中性洗剤でのお手入れもOK。かなりラクラクですね。

見た目の印象はこのくらいで、いよいよホットサンドを作っていきます。具材は卵焼きやらアボカドやら何やらありますが、今回用意したのはハムとチーズと玉ねぎ。至って至ってベーシックな素材を用意しました。

image

はい!こんな感じで具材を用意しました。チーズと玉ねぎ、ハム、少しのケチャップを入れて完了。家ならではですから、ちょっと贅沢に玉ねぎを敷き詰めてみました。よしよし、焼いていきましょう。あらかじめ4分ほど温めておき、パンを載せて製品にセット、タイマーを設定し焼くだけ。4分ほど焼きます。

タイマー音も良いんですよね〜。チッチッチッって音が楽しい待ち時間に繋がりました。出来上がった音もあの音、チーン!って音ですね。パンが焼き上がったぞー!という気持ちにさせる音ですね。これはぜひ製品を手に入れて聞いてほしいです。

image

見てください!この焼き加減!かなりいい感じじゃないですか!実はハンドルロック部分って閉じ具合が調整できるんですが一番圧縮できる閉じ具合にしたらケチャップが溢れてしまいました。そんなちょっとした失敗もお伝えしたくてこのままの写真を使いました。この挟み具合は見極めて行く必要がありますね。

image

断面はこんな感じです!玉ねぎの焼き加減も絶妙でシャキシャキしつつ辛味はありませんでした。チーズはとろっとしていて最高です。このあとも何枚も焼きましたが5分くらいがベストですね。

image
Engadget Japan

こちらが5分焼いたバージョン。しっかり焼き目がついていて美味しそうな見た目ですよね。あとはバター必須ですよ!溶け出て染み込んでくれるあの感じがたまりません。

以上、お手軽に失敗しないホットサンドができる製品でした。これは朝など時間の無いタイミングでとても重宝しますし、リモートワーク中の小休憩やお昼ごはんにも最適です。筆者も実際にそんな感じの使い方をしていました。ホットサンドお腹いっぱいになるしとても良いメニューですね。

今回試用した『SOLEMOOD』は一般販売されておらずGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング実施中です。価格は1個5980円(本来の定価)ですが、21%OFFの4680円など割引価格で購入できます。気になる方はぜひチェックを!

Engadget