Google
Google

Google 検索の「3D表示」に恐竜・翼竜10種が加わりました。

ティラノサウルスやブラキオサウルス、プテラノドンなどを検索すると、情報ボックスに「3D表示」ボタンが現れ、生々しく動く3Dモデルで姿を確認できます。

ARに対応したスマートフォンならば、「周囲のスペースに表示する」で現代に恐竜を復活させたり、「実際のサイズで表示」をタップして迫力を実感することも可能です。

Google
Google

Google 検索は以前から動物の3Dモデル表示に対応していましたが、今回新たにユニバーサル・アンブリン・Ludia の3社と協力して、ゲーム「Jurassic World アライブ!」に登場する恐竜・翼竜のモデルも見られるようになりました。

使い方はただ恐竜の名前を検索して、「3D表示」をタップするだけ。

対応するのは、

ティラノサウルス、ヴェロキラプトル、トリケラトプス、スピノサウルス、ステゴサウルス、ブラキオサウルス、アンキロサウルス、ディロフォサウルス、プテラノドン、パラサウロロフス

Google
Google

ティラノサウルスやブラキオサウルスなど、実寸でAR表示すると大きすぎて全体が分かりにくいため、最初は視界に入る適切なサイズに縮小されます。

大きすぎてスマホの奥行き認識が届かないためかモデルの関係か、現実の物体や建物との前後関係を正しく馴染むように表示するブレンディング(オクルージョン)には非対応。

屋根の向こうから顔を覗かせたり、巨大感演出でよくある手前に物を置いた構図だと不自然になってしまうのは残念ですが、建物や天井にめり込んで不自然に重ならない場所なら、写真や動画を撮影して俺ジュラシック映画も作れそうです。

Google
Google
Google
Google
Google
Google