冷蔵庫不要、全自動アイスクリームメーカーが便利過ぎた

夢のオリジナルアイスで夏を過ごす

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年08月14日, 午後 08:45 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter

AFU STOREがGREEN FUNDINGにてワンタッチ全自動のアイスクリームメーカー『JX600』のプロジェクトを実施中です。価格は1セット1万9980円(本来の定価)ですが、17%OFFなど割引価格(1万6580円)で購入できます。2・4・10セットなど複数個購入できるリターンも用意されています。

Engadget

みなさん、こんにちは暑い!!!
もう二言目には「暑い」が出てしまう今日このごろですね。東京は万物を溶かす暑さを誇っています。

てなわけで、今回試用する製品はエアコンや扇風機と同格の暑さへの対抗策、アイスクリームメーカーです。

従来のアイスクリームメーカーではアイスの素になるものを作り、冷凍庫で数時間冷凍、そこからアイスクリームメーカーに投入し.......と厄介な手順を踏まなければならないものが多いのです。

しかし『JX600』はアイスクリームの素さえ作ってしまえばあとは製品に投入→電源を入れるだけで冷却・撹拌・保冷を一手に引き受けてくれるスグレモノなわけです。美味しく楽ちんに夏を乗り切るアイテムですね。しかも設定次第ではアイスの他にも、シャーベットやフローズンも作れちゃいます。

image
▲外見と付属品。専用アダプターと簡易的ながらディッシャーも。結束バンドが用意できず、コードがちょっと綺麗じゃないのは許してください。
image
▲上部の蓋を取るとこのように。撹拌機が一体になっています。撹拌羽根はスポッと取って洗うことが可能。

本体重量は2.3kg。15インチのMacBook Proくらいの重量です。持ってみると意外と重たくない!が第一印象ですね。両手持ちは必須。専用アダプターからのみの給電です。昔の国産PCの充電器みたいな、結構大きいアダプターなので設置場所はしっかり確保しましょう。

試用する前に大きな注意点を。この『JX600』は撹拌部と羽根こそ分解して洗うことができますが、本体のアイスボウルは分解できません。丸洗いは可能とのことですが本体内に水が入り込まないように注意しながら洗いましょう。食洗機などもご法度です。作るのは楽ちんでも後片付けはなかなか神経を使う作業になってしまいます。ここは結構マイナスに感じました。

image
▲もし万が一水が入ってしまった場合などはしっかりしっかり水気を切って、完全に乾燥させてから使用しましょう。

製品自体は電源アダプターを挿入するだけで準備完了なので、次はアイスクリームの素を作っていきます。

IMAGE
▲こちらが今回の材料!

今回作るのは....おわかりでしょうか?

そう!『野菜ジュースジェラート』です!せっかくオリジナルアイスが作れるなら、筆者の好きなジュースでアイスを作っていきます。製品にはレシピ本も付属しているので、ジェラートのレシピの分量を参考に材料を投入。クリーム感が欲しくて生クリームと牛乳を気持ち多めに入れました。

image
▲こちらがスプーンで撹拌したもの。これがアイスクリームのタネになります。ハンドミキサーで撹拌するのがおすすめらしいですが、ウチにそんなおしゃれなものはありません。

このタネをアイスボウルに投入したら、蓋をしっかり閉め、スイッチを押すだけです。アイスボウルの容量は500mlまで(2~3人分相当です)。ちゃんと目印がありますので、どんなに食いしん坊でもそれ以上は入れないでくださいね。

▲JX600駆動中はこんな感じ。この動き、ワクワクしますね。駆動音はそこそこにぎやかでした。

スイッチを入れた90分後に完成です。アイスを柔らかく仕上げたいなら途中で電源を切る、固めに仕上げたいなら完成後20~30分ほど待つと良いとのこと。筆者は固めに仕上げるため、合計で120分ほど待つことになります。完成後も−7℃で6時間保冷してくれます。寝る前に作る、なんてことをするには心もとない保冷時間なので注意しましょうね。

この120分、長いと思うかどうか....。ちなみに筆者は昼間に試用を開始したのでちょっと遠いけど気になっていたお店まで外食に行きました。これで灼熱のなか帰宅したあとにはデザートが待っているという、なんとも嬉しいこともできちゃうんですね。家で作る特権ですし、全自動という手間のなさだからできる大きなメリットだと感じました。ほかにも映画を見ながら、軽く散歩したり、お風呂上がりに食べたりと様々なシチュエーションが考えられます。夢が膨らみますね。

iage
▲そんなこんなで汗だくで帰宅!完成!

おお!当たり前ですがちゃんとアイスになっている!外から帰ってきたらこんなアイスが待っているなんて素敵。

image
▲盛り付け例。付属のディッシャーの使い方も結構良かったです。アイスボウルの大きさにぴったりなサイズ感でした。

食べてみて......率直に言って最高の味でした!野菜ジュースにいい具合にミルク感がプラスされた予想以上のアイスが出来上がりました。言わずもがな、この冷たさは外の暑さにやられた人には沁みますね〜。牛乳が多かったのか、少し水っぽくなってしまいましたが....。レシピ通りに作るのが吉、ということでしょうね。

今回は野菜ジュースで試用しましたがもちろんアレンジは無限大です。筆者の第二候補は青汁ジェラートでした。ぜひ、自分だけのお気に入りを見つけてほしいものですね。休みの日に、退勤後のゆったりとした時間に、お子さんとのワイワイしながら...作り方もシチュエーションも楽しめるガジェットでした。文字通り、楽しく夏を乗り切って行きましょう。まだまだ夏は続きますから......。

この『JX600』は現在一般販売は行っておらず、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディングを展開中です。価格は1セット1万9980円(本来の定価)ですが、17%OFFなど割引価格(1万6580円)で購入できます。2・4・10セットなど複数個購入できるリターンも用意されています。気になる方は是非チェックを!

Engadget

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: greengadget, food, news, gear
0シェア
FacebookTwitter