Appeared in 5G area! Let's go see AR Snoopy

実在する空間にバーチャルコンテンツを重ねて表示する拡張現実=ARなどの技術を用いた新たな企画「5Gエリアに出現!ARスヌーピーに会いに行こう」が始まりました。期間は6月30日〜2021年9月中旬。参加料金はかかりません。

この企画内容は、5Gエリアで5Gもしくは4G対応のスマートフォンを街中や空に向けると、場所や日時に応じて変化する16種類のARスヌーピーが、スマートフォンの画面に出現するというもの。日替わりで表示される名言と自分をフレームに収め、写真や動画として保存しておくことも可能です。

Appeared in 5G area! Let's go see AR Snoopy
Appeared in 5G area! Let's go see AR Snoopy

イベントで使用されるスマートフォンアプリは、ソニーネットワークコミュニケーションズとPR会社のベクトルが2019年3月に設立した合弁会社のSoVeCと、大手通信会社のKDDIが提供する「XR CHANNEL」。対応 OS は Android 9 以降、 iOS 12.0 以降となっています。

両社によると、XR CHANNEL アプリは、街の建物などの3次元情報をスマートフォンやスマートグラスのカメラで認識可能なVPS(Visual Positioning Service)技術と拡張現実=AR(Augmented Reality)技術を組み合わせ、デジタル看板やナビゲーション、アートなどのコンテンツを表示できるそうです。

なお、XR CHANNEL はGPSで現在の位置を把握し、アプリ起動時には周囲の環境をスキャンするため、日没後は利用できない場合があるとのこと。

今回の企画の対象となる5Gエリア(詳細な場所)は、サービスページまたは XR CHANNEL アプリ内の地図から確認できます。また、遊び方についてはサービスページに記載されており、パソコンやスマートフォンなどからアクセスできます。


Appeared in 5G area! Let's go see AR Snoopy


Source:5Gエリアに出現!ARスヌーピーに会いに行こう


【関連記事】