engadget

auは、低価格帯の5Gスマートフォン「Galaxy A32 5G」「OPPO A54 5G」を発表しました。それぞれ2021年2月25日、5月下旬以降に発売します。

Galaxy A32 5G

「Galaxy A32 5G」は、税込3万1150円という低価格の5Gスマートフォンです。約6.5インチのHD+ TFT液晶ディスプレイを搭載するほか、SoCにはMediaTek Dimensity 720、RAMは4GB、ストレージ容量は64GBとなります。

engadget

背面カメラは3眼攻勢で、超広角が800万画素、広角カメラが4800万画素、マクロカメラが500万画素。インカメラは1300万画素。

深度即位センサーも搭載します。IP68防水防塵やFeliCa(おサイフケータイ)にも対応します。

バッテリー容量は5000mAh、15W急速充電にも対応。本体サイズは164 x 76 x 9.1mm、重量は209gです。

OPPO A54 5G

「OPPO A54 5G」は、「Galaxy A32 5G」と同様に低価格(具体的な価格は未公表)ながら、90Hz駆動の液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンです。また、タッチサンプリングレートは180Hzとすることで、指に吸い付くようなヌルヌル感を実現したといいます。なお、動画・ゲームは90Hz表示には未対応です。

engadget

画面サイズは6.5インチ(フルHD+)で、SoCにはSnapdrgaon 480Gを採用。RAMは4GB、ストレージ容量は64GBで、最大256GBのmicroSD外部ストレージにも対応します。

カメラは4800万画素の広角、800万画素の超広角、200万画素のモノクロ、200万画素のマクロレンズの4眼攻勢。なお、ソフトウェア処理によって、1億800万画素相当で撮影する超高解像度モードや、カメラを向けるだけでAIがシーンを判定し、適切に鮮やかに補正するAIシーン認識機能も備えます。

バッテリーは5000mAhで、18Wの急速充電にも対応します。

防水防塵やFeliCa(おサイフケータイ)には非対応です。

本体サイズや重量は測定中。その他、USB-C端子やイヤホンジャックも搭載します。