新型コロナで5Gスマホ売れず『焦っている』──KDDI高橋社長

足元では持ち直しの傾向

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年07月31日, 午後 04:40 in news
0シェア
FacebookTwitter
engadget
Engadget Japan

auを展開するKDDIの高橋誠社長は決算会見で、新型コロナウイルスの影響でスマートフォンなどの端末販売が大幅に減少したことで、5Gへの移行が想定通りに進まず『焦っている』と述べました。

決算発表によると、2020年4〜6月の端末販売台数は150万台と、前年同期比で45万台も減少。政府による緊急事態宣言後、auショップにおける販売数が大幅に落ち込んだことが特に影響しました。

高橋社長は『45万台減という数字は非常に大きい。我々は3月から5Gに力を入れようとしたが(新形コロナウイルスで)出鼻をくじかれた』と述べました。なお、端末販売の減少は販売コストの低下に繋がり、4〜6月の大幅な増益要因にもなっています。しかし高橋社長は『5Gを使ったIoTや付加価値のある産業をアフターコロナに向けてしっかり作っていかなければならない。そのために(端末販売によって)5Gをしっかり広める必要がある』と危機感を示しました。

一方、足元では5Gスマホの販売は持ち直しているとのこと。『5Gスマホは今後続々出てくるので、なんとか世界の5G展開に遅れをとらないよう販売を加速させる』とし、年度内に二百数十万台の5Gスマホ販売を目指すと明かしました。

なお高橋社長は、アップルが日本時間未明の決算発表で、5G対応と噂されている新型iPhoneの発売がコロナウイルスの影響で数週間遅れるとアナウンスした件についてもコメント。発売時期の詳細は把握していないと述べつつ、仮に発売が遅れることになれば、端末販売台数の下振れ要因になるとの認識を示しました。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter