KDDIが、Appleのスマートスピーカー「HomePod mini」を11月16日より販売します。

ライバルとなるドコモとソフトバンクは、同時に発表されたiPhone 12シリーズの取り扱いは発表しているものの、「HomePod mini」の販売については未発表。大手キャリアでの同モデルの取り扱いは、記事執筆時点(10月15日)ではKDDIのみとなっています。

なお、販売価格はまだ明らかになっていません。ちなみにApple Storeでの価格は税別1万800円です。

HomePod miniは既存のHomePodより小型化を実現したモデルで、外観は球形になり、同時に小型化を実現しています。

音声アシスタントしてSiriを搭載しており、音声で天気予報やスケジュールなどを確認できるほか、360°全方位に広がる音響にもこだわっています。2台設置することでステレオ再生も可能。各部屋に設置することで、同じ楽曲を家中で再生することもできます。

さらに、各部屋に設置したHomePod miniを使って、部屋間で音声メッセージを送りあえる「インターコムモード」機能もそなえています。

カラバリはスペースグレイとホワイトの2種類です。

関連記事:アップルの小型スピーカーHomePod miniは1万800円。スマートホーム用も指向した球型機種

source:KDDI