ドコモやソフトバンクが月額2980円で20GBまで使えるプランを発表し、注目を集めるなか、日本経済新聞は1月12日、KDDIが20GBで月額2480円の新料金プランを検討していると報じました。

報道によりますと、KDDIは、ドコモの「ahamo」やソフトバンク「SoftBank on LINE」と同様に、オンライン手続き専用のブランドを新設し、auと同じ通信回線を使う新料金プランを1月13日に発表する見通しだということです。KDDIが検討している新料金プランは、2021年3月に開始予定の ahamo や SoftBank on LINE よりも500円安く、携帯大手で最安となり、実現すれば業界全体に大きなインパクトを与えそうです。

またKDDIは新料金プランだけでなく、eSIMで先行する2社に対抗するとの見方もあります。eSIMは物理SIMと違い、遠隔で契約者情報を書き換えられるため、会社を乗り換える際や端末を買い換える際にカードを抜き挿しする必要がありません。

eSIMのサービスは、すでに楽天モバイルが提供していますが、ドコモとソフトバンクはセキュリティ面やシステムの調整などを理由に本格サービスの開始時期について明示していません。このためKDDIは、eSIMを利用して既存料金プランから新料金プランへの乗り換えのしやすさをうたい、税抜き3000円以下の料金プランで先行する2社に対抗すると思われます。

関連記事: