東京動物園協会は6月4日、5GとAIカメラを活用し、上野動物園内の混雑度情報を1分おきに表示するサービス「上野動物園混雑マップ」を始めました。

同サービスは、東京動物園協会とKDDIとの協定に基づく取り組みで、園内のカメラ映像をAIで解析し、下記エリアの混雑情報を1分おきにWebサイトで確認できるというもの。PCやスマホからアクセスできます。

  • 総合案内所周辺

  • 西園のパンダのもり(出入口)

  • カメレオン売店

  • アフリカの動物

KDDIは5Gエリアを構築し、AIカメラにはオプティムが提供する OPTiM AI Camera Lite の「混雑状況匿名化表示」機能を利用します。

各社の発表によれば、カメラ映像の人物画像は即座にマスキング加工され個人情報は取得しないとのこと。また、上野動物園は混雑度データを安全安心な観覧環境の改善に役立てたいとしています。


Source:上野動物園混雑マップ