KDDI

格安ブランド UQ mobile と povo で近日中に5Gサービスを始める──。KDDIの高橋誠代表取締役社長は2021年7月30日の決算会見で、このように述べました。

なお、5G対応の新料金は UQ mobile の「くりこしプラン 5G」として発表済み。注目すべきは「4Gのくりこしプランと同額」という点。追加料金がかからないのがユーザーにとっての大きなメリットです。

  • 3GB:1628円

  • 15GB:2728円

  • 25GB:3828円

5Gについては、6月30日に『鉄道路線5G化』を宣言。年度末までにJRや私鉄を含む関東21路線、関西5路線の5Gエリア化を完了する計画を示し、着実にエリアを拡大しているといいます。

また、5G端末の累計販売台数が6月末に340万台を突破したこともあわせて発表。「3か月で100万台増加となり、好調に推移している」としています。

このほか、同氏は「povoの契約数が約100万件になった」ことを記者の質問に答える形で明らかにしました。

KDDIとしてはauブランド以外での5G対応をさらにアピールしたい考えのようです。


Source:KDDI決算説明資料