KDDIがauのオンライン専用ブランド「povo」(ポヴォ)を発表しました。20GBで月2480円の新料金を3月に提供します。

「povo」(ポヴォ)は、NTTドコモの「ahamo」や、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」対抗となる新ブランドです。特徴は次のとおり。

  • 20GB超過後も最大1Mbps

  • 24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」を月に何度でも利用可能 (200円/24時間)

  • オンラインに特化、eSIMにも対応予定

  • 5Gには2021年夏に対応予定

  • テザリング込み

  • 通話定額は含まれていない

ドコモやソフトバンクの2980円よりも500円安価ですが、通話定額が含まれていないため、1回あたり5分までの通話定額(500円)を追加すると2980円となり、他の2社と横並びとなります。

また、最大の特徴は、さまざまなオプションをアプリから臨機応変にON / OFFできる「トッピング」というシステムです。

前述のように、1回200円の追加料金で24時間データ通信が使い放題となるトッピングを用意するほか、『さまざまなアイデアを投入して』(高橋社長)トッピングを順次増やす方針です。

ブランド名の「povo」は、”新たな視点”を意味する「point of view」と”誕生と成長”を意味する「abovo」の一部を組み合わせた造語となります。

サービス自体は、シンガポールでオンライン特化の携帯電話事業を展開する「Circles Asia」社との協業で提供します。なお、当初は子会社のKDDIデジタルライフからMVNOとしての提供を検討していましたが、ドコモの「ahamo」登場を受けて方針を変更し、KDDIがMNOとして「povo」を直接手掛けます。

申込みは今後案内する専用サイトから受け付けます。なお、「povo」では端末のセット販売は行わない方針です。また、国際ローミングの扱いについては今後検討します。

なお「povo」がサブブランドに該当するかについてKDDI高橋誠社長は『サブブランドの定義が定まっていないので議論は無意味』とし『auのオンライン専用ブランド』であることを強調しました。

auの既存プランも値下げ

KDDIではこのほか、データ使い放題プランを大幅に値下げした「使い放題MAX 4G」「使い放題MAX 5G」を発表。4Gで月1070円、5Gで月2070円値下げしています。

engadget

au、月6580円で5G使い放題プラン 3GB以下の場合は1500円引き

また、UQモバイルでも小容量の廉価なプランを発表しました。

engadget

UQモバイル、3GB月1480円からの新料金 データ繰り越し対応