engadget

KDDIは、auのオンライン専用ブランド「povo」において、基本料0円の新プラン「povo2.0」の提供を9月29日午前9時に開始します。

「povo2.0」は、基本料金を0円としつつ、データ容量をトッピング(=追加オプション)化した点が特徴。DAZNやsmash.のデータ容量が無制限となるトッピングも提供します。データ容量については下記トッピングを用意します。

  • 7日で1GB・・・290円(税込、以下同)

  • 30日で3GB・・・990円

  • 30日で20GB・・・2700円

  • 90日で60GB・・・6490円

  • 180日で150GB・・・1万2980円

  • 24時間データ使い放題・・・330円

また、コンビニや飲食店など、対象店舗の利用でギガ(データ容量)が貯まる「#ギガ活」も同日から順次開始します。

新トッピング「スマホ故障サポート」も提供

さらに、「povo2.0」の新トッピングとして、スマートフォンの故障・水濡れ時などに新しい端末に交換するサポートトッピング「スマホ故障サポート」を9月29日に開始します。

同トッピングは、povo2.0で利用できるiPhoneやAndroidスマートフォンが故障・破損・水濡れ (紛失・盗難は対象外) などのトラブルに遭遇した場合、端末交換を申し込むと、最短で当日中、原則申し込み完了の翌日に交換用の端末を届けるトッピングです。

月額料金は830円で、端末の交換は1年間に2回まで。交換費用はiPhoneが1万2900円、2回目が8800円です。詳細は下記の通りです。

engadget

「povo2.0デビューキャンペーン」も実施します。事前エントリーのうえ「povo2.0」で対象のデータトッピングを購入したユーザーに、最初に購入したデータ容量に応じて最大20GBのデータをプレゼントします。詳細は下記の通りです。

engadget

Source:KDDI