KDDIとソフトバンクが、菅総理大臣の「携帯値下げ」要請を受けた新料金を発表しました。

両社とも「au」「ソフトバンク」というメインの携帯ブランドではなく、別に展開する格安サブブランド(マルチブランド)で新料金を展開します。KDDIは「UQモバイル」、ソフトバンクは「ワイモバイル」で、それぞれ20GBで5000円を切る新プランを用意します。

UQモバイル「スマホプランV」

まず「UQモバイル」の新料金「スマホプランV」から。提供開始は2021年2月以降を予定します。

「スマホプランV」は、月間データ容量が20GB、かつ超過後も1Mbpsで通信可能で、月額料金は3980円(税別、以下同)。通話定額は料金に含まれておらず、500円から1700円のオプションを別途追加できます。選択できる通話オプションは下記の通りです。

  • 月500円で60分までの国内通話が定額の「通話パック」

  • 月700円で1回あたり10分以内の国内通話がかけ放題の「かけ放題10分/回」

  • 月1700円で国内通話がかけ放題

仮に1回10分以内のかけ放題とセットで契約した場合、月額料金は4680円になります。また、家族割も適用でき、家族で加入なら、2回線目以降、月額3480円で利用できます。

ワイモバイル「シンプル20」

続いて「ワイモバイル」の新料金「シンプル20」について。提供開始は12月下旬を予定します。

「シンプル20」は、月間データ容量が20GBで超過後も1Mbps、かつ1回10分以内の通話定額付きで、月額料金は4480円です。「データ増量オプション」「新規割」「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」「家族割引サービス」などの各種割引サービスは適用できません。

一見するとUQモバイルの3980円より割高ですが、これは料金に1回あたり10分間の通話定額が含まれているため。同条件で比較すると、UQモバイルは4680円となり、ワイモバイルのほうが200円お得です。ただ、ワイモバイルは家族割が適用できないため、家族で加入する場合は、UQモバイルのほうはお得になる計算です。

NTTドコモの展開は?

ここで気になるのがNTTドコモの展開です。

政府の携帯値下げ要請に対して、KDDIとソフトバンクはメインブランドではなくサブブランドで応えた格好ですが、NTTドコモはサブブランドを有していません。

12月1日よりNTTドコモの新社長に就任する井伊基之氏は記者会見で、サブブランドの設立について『何も考えていない』と返答していました。一方で、NTTによるドコモの完全子会社化が発表され、NTTコミュニケーションズのドコモへの移管が検討されていると明かされるなか、NTTコミュニケーションズが展開するMVNO「OCN モバイル ONE」がドコモのサブブランドになる可能性も取り沙汰されています。

関連
菅総理「値下げ」発言にドコモ新社長はサブブランドで対応?(石川温)
20GBが月4480円の新料金、ワイモバイルで12月から ソフトバンクが発表
データ容量20GBで月3980円、UQモバイルが新プラン発表