Apple Watch

慶應義塾大学病院は2月1日、Apple Watch を利用した臨床研究「Apple Watch Heart Study」を開始しました。日本でも利用可能となったApple Watchの心電図機能で測定する心電図や、脈拍などのヘルスケアデータを用い、独自のiPhoneアプリで睡眠や飲酒、ストレスに関する調査データを収集・解析することで、睡眠中・安静時の脈拍と生活習慣との関連を分析します。

研究は2つのグループに分けられ、1つは、慶應義塾大学病院に通院する、心房細動をわずらう患者さんのグループ。Apple Watchの心電図アプリで得られる心電図と脈拍データを、臨床現場で利用している心電図検査の結果と比較します。また、ヘルスケアデータを睡眠、飲酒、ストレスとの関係に関して解析し、どのような時に不整脈になりやすいかを推定するアルゴリズムの構築を目指します。

もう1つのグループは、全国のApple Watchユーザーが対象。Apple Watchを睡眠中および日中に可能な限り装着し、動悸などを感じたタイミングをアプリに記録。これを7日間継続します。このデータをもとに、慶應義塾大学病院で開発するアルゴリズムを一般国民に適用し、適切な精度となるよう評価・改修を行うとのことです。

Keio Apple Watch Heart Study
慶應義塾大学

全国を対象とした Apple Watchヘルスケアビッグデータの構築と、医学的な網羅的解析は、これまでに類を見ない試みとのこと。こうした研究により、ウェアラブルで収集するデータが真に医療に活かされるようになるのを期待したいところです。

Source: 慶應義塾大学(PDF), Apple Watch Heart Study