iPhoneのキーボードを使いこなす!便利な3つのワザ:iPhone

入力時に役立ちます

嘉陽桃(TEKIKAKU)
嘉陽桃(TEKIKAKU)
2020年06月2日, 午前 07:10 in iPhone Tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhone

iPhoneのキーボードで打っているときに、アルファベットの大文字を連続で入力するやり方が分からなくて手間取ったり、記号をどのように入力するのか分からなくて困ったりしたことはありませんか。今回は、そんなときに役立つ、アルファベットの大文字を連続入力するやり方や、$や€などの通貨単位記号の出し方、温度を表す(°)の記号を入力する方法をご紹介します。

アルファベットの大文字を連続入力する

アルファベットの大文字を続けて入力したいときに使うと便利な機能です。iPhoneのキーボードのシフトキー「↑」をタップすれば大文字の入力ができますが、2文字目以降は小文字に戻ってしまいます。大文字を連続で入力するには、「設定」から「一般」、「キーボード」と進み、「Caps Lockの使用」をオンにします。

iPhone
▲「設定」から「一般」、「キーボード」と進む(左)。「Caps Lockの使用」をオンにする(右)

シフトキー「↑」をダブルタップすると、大文字入力に固定されて、連続で大文字を入力できるようになります。再度シフトキーをタップすれば、小文字入力に戻ります。

iPhone
▲シフトキー「↑」をダブルタップする(左)。シフトキー「↑」が黒くなって大文字入力に固定され、2文字目以降も大文字で入力できるように(右)

通貨単位記号を入力する

読みを変換して入力するよりも、通貨単位記号を簡単に打てる方法です。「¥」をロングタップすると、「$」や「€」などの通貨単位記号を入力できます。

iPhone
▲「¥」をロングタップする(左)。すると、「$」や「€」などの通貨単位記号が表示されるので、記号の上をスライドして選びましょう(右)

温度を示す度(°)の記号を入力する

左下の「123」キーをタップして、「0」キーを長押しします。すると、ポップアップに「°」の記号が表示されるので、長押ししつつスライドして記号を入力します。

iPhone
▲左下の「123」キーをタップして、「0」キーを長押し(左)。すると、「°」の記号が表示されるので、長押ししつつスライドして入力します(右)

これらの方法を知っていると時短で入力できるので、おすすめの機能です。ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iphone, tips, iphone tips, keyboard, alphabet, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents