KFC UK

PlayStation 5のデザイン発表イベントの直後、ケンタッキーフライドチキン公式のゲーム関連TwitterアカウントKFC Gamingが、突如謎のコンソール機「KFConsole」を発表、2020年11月12日に発売すると発表しました。

仰々しい動画から姿を現したのは、KFCでオリジナルチキンを大量購入する際に貰えるチキンバーレルそのままの形をした謎の黒いコンソール。正面には電源ボタンや光学ディスク挿入口とイジェクトボタンがあり、さらに赤い縦三本線のロゴマークとともに”KFCONSOLE”の文字が輝きます。動画はその後KFConsoleの内部をチラ見せする展開となり、赤熱したグリルのような”チキンチャンバー”が垣間見えます。

KFC Gamingはプレスリリースまで発行して「他の追随を許さない11GHz駆動(!)のZingerプロセッサーによるパワー」や「True 4K解像度に120fpsのフレームレート」「クロスプラットフォーム対応」など、”ぼくのかんがえた~”的ハイスペックアピールを繰り広げています。

一方、面白げなネタに食いついてきたSNSフォロワーからの「ストレージ容量はどれぐらいか」との問いには、「2 Terabites(2兆回かじり)」とダジャレで応酬するなどこちらもノリノリ。さらに「なにか独占ゲームタイトルは」という質問には、SteamでPC向けに配布されているカーネル・サンダースとのデートゲーム『I Love You Colonel Sanders』を紹介しました。

どこまでがネタでどこからが本気なのかを推し量るのに苦労するものの、発売日を11月12日と公表していることから実際にこのコンソールが発売されるのは間違いなさそう。プレスリリースや紹介動画にある”Power your hunger(空腹に力を)”とのキャッチフレーズから推測すれば、KFConsoleは実際にはゲーム機ではなく、KFCで買ってきたチキンを保温しておく機能を備えたグッズ商品のようにも思えます。

KFC UK・アイルランドのブランドエンゲージメントマネージャーJosh Benge氏は、リリースにて「われわれは家庭でのチキン供給の利便性を備え、市場で最高のゲーム体験をゲーマーに提供したいと考え、KFConsoleが生まれました。今年後半にファンの手に渡るのが待ちきれません」と述べました。われわれも、KFConsoleの正体を知るそのときが待ちきれません。

source:mynewsdesk(PR)

via:Cnet