Engadget

Amazonは9月21日、新世代「Kindle Paperwhite」と、新たに追加された「Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」、そして子ども向けの「Kindle Paperwhite キッズモデル」の3機種を発表しました。

新モデルのアップデート点としては最大10週間持続可能となる Kindle Paperwhite最長のバッテリー寿命を実現し、充電端子がUSB-Cになり高速充電が可能となりました。9W以上のアダプターを使用した 場合、2時間半で充電が完了します。また、Kindle Paperwhite シグ二チャー エディションは、Kindleシリーズで初のワイヤレス充電に対応します。

Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite シグニチャー エディション Kindle Paperwhiteキッズモデル

Engadget

ディスプレイはKindle Paperwhiteシリーズ最大の6.8インチ、300ppiのディスプレイを搭載。フロントライト用のLEDは前モデルの5個から17個に強化されたことで、輝度が前モデル比で最大10%向上しました。また、これまで最上位モデルのOasisしか搭載していなかった色調調節も可能になりました。

さらに、Kindle Paperwhite シグ二チャー エディションは、自動調整フロントライトを搭載。周囲の明るさに応じてディスプレイが輝度を自動的に調整します。またこれまでのモデル同様、IPX9の防水性能を備えています。

Engadget

Engadget
Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite シグニチャー エディション Kindle Paperwhiteキッズモデル

販売や価格については、新世代Kindle Paperwhite(8GB)の広告付きモデルは14980円、広告無しモデルは16980円。Amazon.co.jpでは予約受付を開始し、出荷開始は10 月27日(水)を予定しています。

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション(32GB)は19980円で、予約受付を開始しており出荷開始は11月10 日(水)を予定しています。

シグニチャー エディションで利用可能な、Made for Amazon認定Anker社製のワイヤレス充電スタンドは3480円です。シグニチャー エディションとワイヤレス充電スタンドのセットも用意しており、価格は22460円です。

Kindle Paperwhite キッズモデル(8GB)は、16980円で予約受付を開始しており、出荷開始は10月27日(水)を予定しています。保護カバーは、ブラック、エメラルドフォレスト、ロボットドリームの3種類を用意しています。

Engadget
Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite シグニチャー エディション Kindle Paperwhiteキッズモデル