Amazon.co.jpで2021年8月17日9:00から8月19日23:59までの期間限定で、「タイムセール祭り」がスタートしました。お買い得商品の中から、特に注目したい生活家電を5製品紹介しましょう。

記事内の太文字や画像をタップするとECサイトに移ることができます。

■ノンフライ調理からグリル調理まで手軽にできる Wallfire「4.5L大容量 電気フライヤー」

Engadget

「4.5L大容量 電気フライヤー」は6749円で販売されています。さらに1000円引きクーポンもあるので、実質5749円で購入できます。容量4.5Lの庫内にファンで熱風を循環させる超小型コンベクションオーブンで、油を使わない「ノンフライ唐揚げ」などを手軽に作れるのが魅力です。

温度(80~200℃)、調理時間(1~60分)を料理に合わせて調節できるほか、ポテトフライ、焼肉、エビ、エッグタルトなどの8つのメニューボタンを用意。食材をバスケットに入れてメニューボタンを選ぶだけで、自動的に適切な温度とタイマーが表示される仕組みになっています。

「ノンフライ調理」が一つの売りではありますが、実際には鶏もも肉のグリルやステーキ肉を焼いたり、ハンバーグを中までしっかりと火を通すといった使い方にもかなり便利です。

製品内部にはテフロン加工を施しており、使用後は本体を湿らせた布で拭くだけで掃除が可能。バスケットとクッキングネットをそのまま食洗器で洗浄できる手軽さも魅力です。

Wallfire「4.5L大容量 電気フライヤー」

■ほとんど煙を出さずに焼き肉を楽しめる! ザイグル「炙輪(あぶりん) GOLD」

Engadget

「炙輪(あぶりん) GOLD」は2万4120円で販売されています。上部に配置したカーボンヒーターがプレートの上にある食材を直接焼くスタイルを採用する調理家電です。食材から出た油がヒーターに落ちて煙が出たり、熱々の鉄板で油がはねるといったことがないため、ほとんど煙が出ず、油はねもなしで焼き肉などの料理を楽しめるのが魅力です。

従来のザイグルシリーズはプレート側にヒーターがなかったのですが、炙輪はプレートの下にもヒーターを配置して温めることで、食材が冷めにくくなっているのもポイント。上部のヒーターは首振りできるようになっているので、調理物の取り出しや手入れが簡単にできます。

こちらは本体付属プレートに加えて、より多くの食材を置けるワイドプレート(油が下に落ちる「ワイドプレート」と、フラットな「ワイドフラットプレート」の2枚)が付属するモデルです。

ザイグル「炙輪(あぶりん) GOLD」

■低温調理もできる シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M152」

Engadget

「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M152」は6980円で販売されています。容量1L、消費電力1200Wのパワフルな電気ケトルで、無段階の温度調節機能を搭載しているのも大きな特徴です。

ケトル部分は片手鍋のようなデザインになっており、フタを取ることで袋ラーメンをそのままゆでて食べたり、一定の温度を保ちながらチーズフォンデュやバーニャカウダを楽しんだり、徳利を入れて熱燗を楽しんだりと、さまざまな使い方ができます。

最新の2020年モデル(SK-M153)は注ぎ口にパンチングメタルを搭載することで、パスタなどをゆでた際にそのまま湯切りが可能になっています。しかしこちらは2019年に発売した初代モデルで、その機能はありません。ただしそれ以外の機能は同等で2900円安いので、お買い得感で言えばこちらの方がおすすめです。

シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M152」

■揚げ物もできる小型IHクッキングヒーター 山善「YER-S100」

Engadget

「YER-S100」は3441円で販売されています。卓上IHクッキングヒーターとしては消費電力1000Wと若干非力ではあるものの、幅24×奥行28.5×高さ5cmとサイズがコンパクトなため、一人暮らしの方から夫婦2人暮らし、小さな子供がいる家庭までおすすめのモデルです。

連続加熱機能に加えて、160~200℃まで10℃刻みの温度設定が可能な揚げ物機能、40℃、60℃、80℃の設定が可能な保温機能も備えており、コンパクトながら必要な機能を十分備えています。

12~22cmまでの鍋に対応可能(揚げ物調理時は12~18cmまで)です。育ち盛りの子供がいる4~5人家族で鍋をつつくには物足りないサイズかもしれませんが、家族でテーブルを囲みながら、その場で食材を揚げていく“おうち串揚げ”などをするのであれば大人数の家族でも十分楽しめると思います。

プラグはマグネットタイプなので、子供やペットが引っかけても安心ですし、フラットなガラストップなので手入れも簡単にできます。高さ5cmと薄型で、縦置きでも横置きでもコンパクトに収納できるのも魅力です。

山善「YER-S100」

■フタの開閉からゴミ袋の密閉、セットまで全自動のゴミ箱 townew「T Air Lite-AZ」

Engadget

「T Air Lite-AZ(16.6Lモデル)」は1万380円で販売されています。フタが自動開閉するだけでなく、ワンタッチでゴミ袋を自動で密閉する機能、新しい次のゴミ袋を自動でセットする機能、ゴミがあふれそうになると自動でゴミ袋に収納する機能を備えています。

約35cmの距離に動きを感じるとフタを自動でオープンし、3秒後に自動で閉まります。料理中などで一定時間ゴミが継続して出る場合は、ワンタッチでフタを常時開き続けるように切り替えることも可能です。

耐荷重と伸縮性に優れた継ぎ目なしの専用ゴミ袋を採用しており、センサーでゴミ袋がいっぱいになったと検知すると熱溶着技術でゴミ袋の口を閉じ、しっかり密封するようになっています。密閉完了後にカバーが自動で上に上がり、LEDと音でお知らせする仕組みです。

ゴミ箱にゴミがあふれるほど入れた場合、ワンタッチであふれているゴミをセンサーで感知し、自動的に収納してから密閉を行う「オーバーロード」機能も備えています。

密閉したゴミ袋を取り除くとセンサーが反応して自動で新しいゴミ袋をセットする機能も備えており、自動密閉から自動セットまでワンタッチで完了するのが魅力です。

USBケーブルで充電するスタイルになっており(ACアダプターで接続したままでも大丈夫)、1回の充電で約45日程度稼働できます。

このセットは本体に標準で付いてくるリフィル1個(約2カ月間のゴミ捨て分に対応)に加えて、2個のリフィルがセットになったお得なバリューセットです。

townew「T Air Lite-AZ」