クモが怖い?なら燃やしちゃえ!火力マシマシ虫退治FPS『Kill It With Fire』:発掘!インディゲーム+

てんやわんやのクモ退治FPS🕷

龍田優貴(Yuuki Tatsuta)
0シェア
FacebookTwitter

ゲームタイトル配信プラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品の中から、”今話題の人気作”や”ツッコミ必至の珍作”まで、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ!今回ご紹介するのは『Kill It With Fire』です。

発掘!名作ゲーム 連載一覧

image

『Kill It With Fire』は、 Casey Donnellan Gamesが開発を手掛けたFPS(ファーストパーソンシューター)作品。クローゼットの中や食器棚の裏まで、いたる箇所に身を隠したクモを見つけ出し、様々なガジェットで豪快に駆除しましょう。

ゲームの目的は「クモ退治」

image

本作のタイトル名が指す"It"とは、つまりクモのこと。プレイヤーは害虫駆除を生業とする主人公を操り、住居内のクモをひたすら探し回ることになります。まずはクリップボードに書かれたミッション内容を参考にしつつ、クモの住処を入念にチェック。目の前にやって来たクモは姿形やサイズに関わらず、迅速に処理してください。

image

発見したクモを駆除する、もしくはステージごとの特殊ミッションをいくつか達成すると、別の部屋を探索できるようになります。夫婦の寝室、子供部屋、バスルームなどなど種類こそ異なりますが、大きな目的が変わることはありません。部屋の散らかり具合は気にせず、片っ端からクモの姿を探し出しましょう。

操作方法は移動+攻撃がメイン

image

キャラクターの移動はキーボードの「W・A・S・D」をプッシュ。近場のクモを攻撃する際は、マウスの「左クリック」で装備品を使用します。

例えば上述のクリップボードの場合、ミッション内容を確認できるだけでなく、何とそのまま叩きつけることでクモを手っ取り早く粉砕可能。回数制限も特に設けられていないため、非常に使い勝手の良い攻撃アイテムです。

image

キーボードの「E」を押すと、目の前のオブジェクトに対して何らかのアクションを起こします。小物を掴む、机の引き出しを開ける、ドアの開閉など、シチュエーションに応じて用途が変化。ちょっとした物陰に潜むクモを見つける際も役立ちます。

image

装備品を複数所持している場合、マウスホイールをクロールすることで、他の装備品と瞬時に切り替えられます。序盤は使う機会こそ少なめですが、装備が充実してくると重宝するかもしれません。

情け無用!クモは確実に仕留めるべし

image

クモを確実に仕留める為には、何よりもまずクモの隠れ家を明確に捉えなければいけません。そこで重要なのが「スパイダートラッカー」。マウスの右クリックで作動するこちらの装備品は、その名の通り、クモの居場所をサウンドで知らせてくれる優れもの。初めて訪れる部屋は、最初にスパイダートラッカーを取り出し、おおよそのクモの位置を掴んでおくと良いでしょう。

image

スパイダートラッカーであぶり出したクモがもし一匹でなかったら?答えは簡単。ヘアスプレーとライターの合わせ技で、部屋ごと焼いてしまうのです。周囲の家具を火に巻き込むリスクは避けられませんが、プレイヤー自身がダメージを受けることはありません。

火炎放射による豪快なクモ退治は、本作でしか得られない貴重な体験。ヘアスプレーのガス残量に注意しつつ、汚物を消毒……もとい、クモを焼却してください。

image

プレイ中に獲得した強化ポイントを使えば、装備品の更なるアップグレードも可能。いずれも攻略を優位に進める上で重要な機能ばかり。各ステージの探索同様、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

単なる害虫駆除にとどまらず、住居内を西へ東へ奔走しながらド派手にクモ退治が楽しめる『Kill It With Fire』。ちょっと変わったFPSタイトルをお探しの方、またはクモとの激しい戦いをご所望の方、ぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか。

Kill It With Fire (Steam)

image

発掘!名作ゲーム 連載一覧

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 発掘インディーゲーム, excavationgame, game, games, pc, PC Gaming, PcGaming, steam, windows, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents