タイプライター風キーボード「Rymek」に新色PINKとBLUE追加

きゃわいいレトロ

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月30日, 午前 06:30 in iOS
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
BLUE

Glotureは6月29日、 自社のECサイトにて販売している「Rymek メカニカルキーボード」の本体カラーに新色PINKとBLUEが加わったことを発表しました。既存のBLACKと合わせて3色展開となります。価格は税込み3万1635円です。

タイプライター風デザインが特徴のキーボードです。Gateron Blueメカニカルスイッチを採用し、キーはサドル形状で光沢のある塗装が施されておりカナ等の刻印がありませんのでスッキリとした外観に仕上がっています。

LEDバックライト機能も搭載しており、5つの輝度レベル、7つの光の効果、4つのアニメーション速度を選択可能。もちろん、必要に応じてバックライトをオフにできます。

通信はBluetooth 3.0を採用しており、 iOS、 Android、 macOS、Windowsにて利用できます。3つのデバイスとペアリングして、 ショートカットで切り替え可能です。

1回の充電で50時間持続する再充電可能な1200mAhバッテリーを搭載。サイズは360✕190✕70mm、重さは約1300gです。

Engadget
BLACK
PINK
Engadget
▲スマホやタブレットを固定するためのステンレススチールステントを備えています。
Engadget
▲有線での接続も可能です。ヴィンテージハンドルを押すことでBluetoothモードとUSBモードの切り替えることができます。

関連リンク:Rymek メカニカルキーボード

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iOS, keyboard, smartphone, PC, accessories, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter