キングジムから巨大な「デジタル日めくりカレンダー」AM60。曜日は15センチ角、服薬アラームなどシニア向け

クソデカミーム

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年07月14日, 午後 07:30 in kingjim
0シェア
FacebookTwitter
KINGJIM
KINGJIM

キングジムがアクティブシニア向けブランド arema から、「デジタル日めくりカレンダー」AM60なるものを発表しました。

商品だけの写真では、ありがちな大型液晶の電波時計にしか見えませんが、対比するものがあるとデカいにもほどがある巨体に虚を突かれます。液晶面は幅約39センチ x 高さ16センチ。

KINGJIM
KINGJIM

デカくてシニアでも見やすいです!以上!というわけではなく、キングジムらしい細部の小ネタやひと工夫がそこかしこにあります。特徴的なのは、曜日がど真ん中に最大サイズで表示されること。

リタイアして通勤などの習慣が変わり曜日感覚を忘れがちでも、約15センチ角の文字でドンッ!と教えてくれます。

KINGJIM
KINGJIM

そのほかシニア向けっぽい工夫は、朝昼夕夜の時間帯別にひとつずつアラームを設定できること。もちろん服薬管理向けです。

KINGJIM
KINGJIM

ボタンも巨大で日本語の表示つき。ダイヤルも巨大。

そのほか仕様は西暦令和両対応、乾電池またはACアダプタ駆動、自立または壁掛け・マグネット貼り付け設置など。本体重量は約1.3kg。

KINGJIM
KINGJIM

発売は7月31日、価格は1万800円+税。

シニア向けや特定ニーズ向けには、良さそうな製品を見つけても本当に小さな部分の使い勝手で、それこそ電源ボタンひとつのサイズや使いにくさがディールブレイカーになってしまうことが多いだけに、最初から配慮して設計された製品は安心感があります。あとはボタン操作や「決定・戻る」さえ不要にするための GoogleアシスタントやSiri対応でしょうか。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: kingjim, arema, am60, clock, calendar, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents