Kyash

デジタルウォレットアプリ「Kyash」は7月13日、後払いができる機能を追加し、最新バージョン9.0.0の配信を始めました。既存ユーザーはアプリを更新するだけで利用可能になります。

後払いは「イマすぐ入金」という名称でアプリに加わり、ユーザー側による手続きは1分程度で完了するとのこと。審査に通れば、Kyash残高に最低3000円〜最大5万円までの範囲で入金でき、国内外のVisa加盟店5400万店舗で利用できます。

入金時に一定の手数料(500円~1800円)がかかります。入金した月の翌月末までであれば、入金額と手数料をコンビニエンスストアで支払うことが可能です。返済方法については順次拡大予定とのことです。

提供理由についてKyashは「一部の利用者からは、クレジットカードを持っていない、銀行口座登録が煩雑、コンビニ・ATMに行くのが面倒といった声があったため、後払いをできるようにした」と説明。

また、「利用者へのヒアリングや市場の調査を行ったところ、後払いの利用動機として、ただ支払いを遅らせたいという需要だけではなく、短期間の資金需要の穴埋めをし、毎月の支出を平準化したいという需要もあった」といいます。

さらに、「使った分を後でまとめて支払うのではなく、Kyashの後払いは必要な金額だけを事前に入金する方法なので、使い過ぎの心配がない」としています。

Kyash

ちなみに、後払いサービスで先行する「Paidy(ペイディ)」も、利用できるサイトや店舗を増やし、6月22日には口座振替と銀行振込の場合に分割手数料が無料となる「あと払いプランApple専用」の提供を始めています。

コロナ禍で消費のネットシフトが加速するなか、通販サイトなどでの買い物のしやすさを重視するサービスも増えつつあります。後払いも利便性重視のサービスのひとつとして、今後も消費者や店舗などから注目されそうです。


Source:Kyash