LastPass
rclassenlayouts via Getty Images

人気のパスワード管理サービスLastPassが、3月16日以降、無料版のLastPass Freeで利用出来るデバイスタイプをコンピューター(デスクトップとラップトップ)またはモバイルデバイス(スマートフォン、スマートウォッチ、タブレットなど)のいずれか片方のみに制限すると発表しました。

LastPassは日本語化されていないものの、日本でも利用可能。有料の1Passwordと違い、基本機能を無料で利用出来ることから人気があるパスワード管理サービスです。

ただし、LastPass Freeのユーザーは、3月16日以降に最初にアクセスしたデバイスタイプが選択され、他方のデバイスで利用出来なくなります。なお、3回まではデバイスタイプの選択をやり直せるとのこと。両方のデバイスタイプで利用したい場合には、有料のLastPass Premium(月額3ドル)もしくはLastPass Familles(月額4ドル)契約が必要です。また、5月17日以降、無料プランではメールサポートも受けられなくなります。

LastPassはサービス変更の理由について、絶えず進化するデジタル世界に、製品を適用させる必要があるためと説明しています。ようするに、サービス維持のため有料プランに移って欲しいということのようです。パスワード管理サービスの変更は手間がかかることが多いので、今回の変更により、有料プランへ移行するユーザーは多そうです。ただ、最近はブラウザのパスワードマネージャーも充実してきており、この機会に離脱するユーザーも増えるかもしれません。

Source: LastPass