iPhone 14 Pro
ShrimpApplePro

今年のiPhone 14(仮)シリーズのうち、Proモデルはノッチ(画面上部の切り欠き)がなくなりパンチホール(ディスプレイに穴を開け、その下に自撮りカメラ部品などを置く)デザインになるとの噂が相次いでいます。先日も画面の穴が横長のカプセル型になり、Face ID(を実現するTrueDepthカメラ)が画面下に移されるとの予想が伝えられていました

そんななか、iPhone 14 Proモデルにはパンチホールが2つあるとの噂話が伝えられています。

このウワサの発信源は、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のShrimpApplePro氏です。同氏は9月にiPhone 2022(iPhone 14)一部モデルのフロントパネルを背後から見たとする画像を投稿し、Face IDと自撮りカメラ用に2つのパンチホールが設けられると予想していました。

そのツイートを今年(2022年)初めに再投稿した後に、ShrimpApplePro氏は3Dプリンタで作られたモックアップ画像を公開。そこでは上記のカプセル型の穴が左に、自撮りカメラ用と思しき穴が右に配置されているかっこうです。

また別のツイートで、ShrimpApplePro氏はiPhone 14非Proモデルにつき「ノッチはより洗練されるが小さくならない」「(自撮り)カメラ穴が大きくなり、視野角が改善される」一方でセンターフレーム(北米ではCenter Stage)がサポートされるかも、との予想を述べています。

センターフレームとは近年のiPad全モデルで実現している「被写体が動き回ったり、複数の人が出入りした場合でも適切にフレーム内にとらえる」機能のことです。据え置きで使うiPadと違い、手で持つiPhoneでは必要性が小さそうではありますが、それでも部屋を移動しながらでの家族ぐるみのビデオ通話では使いやすくなるかもしれません。

iPhoneからノッチがなくなり画面が広くなったとしても、顔認証する速度が落ちたり精度が下がっては元も子もありませんが、パンチホールを通じて十分な光を照射しつつ反射光を取込むことができれば心配は薄いはず。

その一方で画面下Touch ID(指紋認証)の搭載は早くとも2023年モデルとなり、iPhone 14世代では実現しないとの予想が有力となっています、新型コロナ禍のもとマスクを外せない世界がしばらく続きそうな中では(「マスクしながらFace ID解除」は可能になってるとはいえApple Pay認証には非対応)不便に思う人が少なくなさそうです。

Source:ShrimpApplePro(Twitter)

via:PhoneArena