engadget

ライカは初のスマートフォン「Leitz Phone 1」を7月に発売すると発表した。日本のみの発売となり、ソフトバンクが独占的に扱う。ただし、SIMフリーでの発売となる。価格は18万7920円。

ベースモデルとなるのは6月25日にNTTドコモとソフトバンクから発売されるシャープ「AQUOS R6」だ。同モデルのレンズやカメラ性能に関してはライカの監修を受けている。AQUOS R6はカメラ部分のみの監修だが、Leitz Phone 1はユーザーインターフェースなどもライカが手がけている。

実はちょっと前に業界関係者から「シャープがライカモデルを出すらしいよ」という噂を聞いていたのだった。だが、「どうぜ、AQUOS R6のライカカラーでしょ」程度のコラボレーションかと見くびっていたのだ。

しかし、実際に蓋を開けてみたら「コラボレーション」というより、がっつり「ライカ」なので、驚いた。ライカのカメラ同様、パンフレットにはシャープの「シャ」の字も記載されていない。

Leitz Phone 1はライカの製品であり、表向きはシャープではないのだ(ただし、OSやアプリのバージョンアップなどはしっかりシャープがやっていくとのことで、一安心)。

開発を担当したシャープ関係者も「企画当初はもっと簡素なライカバージョン的なものかと思ったら、ライカ側から細かな指示が多く、想像以上に手を焼いた。しかし、これまでのシャープでは考えられなかった、ものづくりとなっており、ライカから学ぶところが多かった」と語る。

AQUOS R6など、シャープがイチから設計するモデルは、5Gのアンテナなど、内部設計が決まってから外観がデザインされていくが、Leitz Phone 1はまず外観のデザイン、質感ありきで物事が決まっていった。そのため、本体側面にライカのカメラを連想させるいくつものスリットがあるのだが、このスリット幅に合わせて、アンテナが受信しやすいような切り込みの幅が決まるというほどであった。

engadget

全体的に上質感があり、実機を手にしたメディア関係者の多くが「この質感なら18万円の値付けは仕方ない」と納得していた。

engadget

engadget

engadget

スマホの売れ筋は5万円以下

ここ最近のスマートフォン市場は、総務省が端末割引を大幅に規制したこともあり、売れ筋はもっぱら5万円以下の製品だ。

Andoridスマートフォン市場でシェアナンバーワンのシャープも、売れ筋は5万円以下のAQUOS senseシリーズに他ならない。ソニーがXperia 10 IIIだけでなく、NTTドコモ向けには2万円台のXperia ace IIを投入。サムスン電子もGalaxy A52を発売するなど、各社とも5G対応であれば5万円前後、4Gのみの対応となれば2〜3万円台の製品を積極的に展開するようになった。

Xperia Ace II

速報:ソニー Xperia Ace II発表、シンプルで必要十分な2.2万円の廉価モデル(更新)

数年前まで主力であった10万円を超えるハイエンドスマートフォンは相当、厳しい状態に追い込まれている。

メーカー関係者によれば「スマートフォン市場の売り上げの4割がiPhone、4割が5万円以下のミドルクラスのAndoridスマートフォン、1割がハイエンドAndroidスマートフォンで、残り1割がガラケーといった割合」と分析する。

つまり、各メーカーが機能やカメラ画質などを競ってきたハイエンドAndroidスマートフォンは、全体の1割程度しか売れていない狭い市場規模でしないのだ。

だからといって、各メーカーはハイエンドAndroidスマートフォンから撤退するわけにはいかない。ハイエンドAndroidスマートフォンは、各社のブランドイメージを作り出す重要な広告塔としての意味合いを持つ。「カメラの画質が優れている」「画面が美しい」などのイメージをユーザーに植え付けるのは、間違いなくハイエンドAndoridスマートフォンなのだ。

ユーザーは「ハイエンドが欲しいけど、予算的に厳しいから」とミドルクラスの同じブランドを購入していく。ミドルクラスで販売台数を稼ぐには、イメージのいいハイエンドクラスが不可欠というわけだ。

差別化の主役は超ハイエンドへ

しかし、ハイエンドクラスを作ろうとしても、なかなか差別化が難しくなっている。カメラも3つ、4つといった複眼が当たり前となり、超ズームで倍率を競っても、ユーザーはなびかなくなってきている。

そんな中、各メーカーが注力し始めたのが「超ハイエンド路線」だ。

ソニーはハイエンドモデルとして「Xperia 1III」を展開するが、超ハイエンドとしてHDMI端子を搭載し、映像入力を可能とした「Xperia Pro」を発売している。

SIMフリーとし、映像現場やプロカメラマン向けのニーズを狙っている。もともと、ソニーは映像現場やプロカメラマン向けにカメラなどの機器を販売しているからこそ、チャレンジできた製品といえるだろう。

Xperia PRO

約25万円「Xperia PRO」の使い道。ターゲットはYouTuberや報道カメラマン(実機インプレ)

今回のLeitz Phone 1ももちろん「超ハイエンド」といえる製品だ。

Xpeira Proが25万円、Leitz Phone 1が18万円ということもあり、ソニーもシャープも台数的にはそんなに売れるとは思っていないだろう。

かつて、シャープの通信事業本部、小林 繁パーソナル通信事業部長は「なんとなくハイエンドスマホの時代は終焉する」と言い切っていた。

端末に高額な割引が付いたことで、ユーザーは何も考えずに、なんとなくハイエンドスマホを選んでいたが、割引がなくなったことで、スマホの価格にシビアになり、結局、5万円以下のコストパフォーマンスのいいスマホが売れるようになっていった。

一方で、「この機能、ブランドがあるなら」という付加価値がユーザーに認められれば、スマホとは思えない値付けでも、ユーザーは購入してくれるものだ。「とことんハイエンド」を突き詰めれば、結果としてメーカーのブランドがユーザーに定着していく。

20万円近い超ハイエンド路線でプロ向け仕様を訴求しつつ、10万円台のハイエンドスマホで、そのプロ向け仕様を一部取り入れるなどして差別化。その要素を少し取り入れた5万円程度のコストパフォーマンスで販売台数を稼ぐという3段構えが、いまのAndoridメーカーの生き残り策となっているようだ。

ライカ独自スマホ LEITZ PHONE 1 の実機を見る、AQUOS R6との違いは

速報:ライカが独自スマホ「LEITZ PHONE 1」発表、ソフトバンク独占販売

ライカ初のスマホ LEITZ PHONE 1 はSIMロックなし、お得に買う方法もある