engadget

ライカが突如発表した独自スマートフォン「LEITZ PHONE 1」。ソフトバンク独占となり、税込18万7920円で6月18日予約開始、発売は7月以降を予定します。実機に短時間ながら触れることができたので、簡単なインプレッション記事をお届けします。

製品の詳細は速報記事もご覧ください。

まず、シャープの「AQUOS R6」との違いについて。というのも、本機はライカ初のスマートフォンと銘打つものの、製造はシャープが担当しており、そのシャープの「AQUOS R6」もライカ監修のカメラを搭載するからです。

結論を言うと、「AQUOS R6」でライカが監修した部分は「カメラ」に限られるのに対し、「LEITZ PHONE 1」は外観からUI / UXに至るまで、トータルの開発をライカが監修しています。つまり、本機のほうがより”ライカ色”が強いわけです。

▲シャープAQUOS R6

とはいえ、1インチセンサやレンズを含めたカメラのハードウェアは「AQUOS R6」と共通。1〜120Hz(240Hz画面書き換え)で駆動する6.6インチのPro IGZO OLED、Snapdrgaon 888プロセッサ、12GB RAMといった基本仕様まで共通です。ストレージ容量は256GBへ倍増しているものの、本体サイズやおサイフケータイ(FeliCa)への対応を含め、基本的には「AQUOS R6」の仕様を踏襲しています。

一方で、外観にはライカらしい高級感があります。ドイツ・ミュンヘンにあるライカのデザインスタジオが設計しており、カメラ部分はAQUOS R6と異なり円形。背面もマットな擦りガラスで、かつ、色やライカのロゴマークをガラスの裏側から当てており、擦れて色が落ちることもありません。

engadget

また、いざ触れると側面のギザギザ加工が印象的です。これはローレット加工といい、金属にスリットを入れて滑りにくくする目的ですが、ギザギザの幅に至るまで、ライカが指定しています。

engadget
engadget

上下のエッジは直角に立っているように見えますが、いざ触ってみると、若干丸みを帯びており、角々しくて痛いと感じることはありません。

engadget
engadget

UI / UX面でもライカが全面的に監修。起動時のブート画面はライカのオリジナルアニメーションとなっています。

カメラアイコンもLeicaオリジナルです。

engadget

世界中のライカユーザーのための写真プラットフォーム「LFIギャラリー」の写真が表示されるウィジェットも標準搭載しています。

engadget

ライカの使い勝手を模したカメラ

はじめに断りを入れると、デモ会場の実機はカメラの起動が禁じられており、実際にカメラの使い勝手を試すことはできませんでした。

しかし担当者によると、ライカの使い勝手を模したカメラUIとなっており、例えば撮影時にライカカメラ特有の「ブライトフレーム」を表示できるほか、シャッター音もライカカメラと共通。さらに、AQUOS R6にはないモノクロ撮影モード「Leitz Looks」も備えます。

engadget

さらに、本体にはレンズカバーと本体カバーを同梱。特にレンズカバーは強い磁力で固定されるものの、左右どちらかに回転させると、磁力の反発によって軽い力でも簡単に取り外せます。

engadget

engadget

まとめると、基本のハードウェア仕様は「AQUOS R6」とほぼ共通ながら、ライカらしい外観デザインとUI / UXを詰め込んだ本機。このような『飛び遠具』的なスマホでは珍しくおサイフケータイに対応するなど、いざ購入すればサブ機ではなく普段使いできる点も魅力と言えます。