ドイツの老舗カメラメーカーであるライカ(Leica)が独自スマートフォン「LEITZ PHONE 1」(ライツフォン・ワン)を発表しました。

ソフトバンクが7月に独占販売し、価格は税込18万7920円。6月18日より予約受付を開始します。

関連

「LEITZ PHONE 1」は、1インチの超大型イメージセンサーを背面カメラに搭載したスマートフォンです。F 1.9 / 焦点距離19mmの7枚構成レンズを採用し、単眼で超広角から最大6倍のデジタルズームまで幅広い画角に対応します。

RAWおよびJPEG撮影に対応するほか、「Leitz Looks」モードを備え、ライカらしいモノクロ写真を撮影できるといいます。

搭載する6.6インチディスプレイは 2730 x 1260解像度のPro IGZO OLEDで、1〜240Hzで駆動します。また、SoCにはSnapdragon 888を採用し、12GBのRAM、256GBストレージ、5000mAhバッテリーも備えます。主な仕様は下記の通りです。

製造はシャープが担当し、Leica監修の「AQUOS R6」に近い仕様ですが、カメラだけでなく、外観やUI / UXに至るまで、トータルの開発をライカが監修している点が異なります。

engadget

特に外観デザインは、ドイツのミュンヘンにあるライカのデザインスタジオが制作。筐体はライカのカメラ製品と同じ表面処理を用いているほか、背面ガラスには3Dのライカロゴを埋め込んでいます。

さらに、磁気式レンズキャップやケースも本体に同梱。こちらもライカが監修設計を手掛けています。

engadget

本機はソフトバンクショップのほか、全国のライカストアでも実機を展示します。(展示開始時期は判明後追記します。)