Engadget

ライカカメラジャパンは、スマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」の専用アクセサリーを9月3日から日本国内のライカストアおよびライカオンラインストア限定で発売します。予約受付は8月25日から開始されました。

「Leitz Phone 1」は、1インチセンサーカメラを搭載したシャープの「AQUOS R6」をベースに、ライカが筐体デザインや仕上がりやUIなどのチューニングを施したモデルです。

完成度の高い Leitz Phone 1 、カメラ以外の注目点を実機で確認

ライカスマホ「Leitz Phone 1」と「iPhone 12 Pro Max」「Galaxy S21 Ultra」で撮り比べ

アクセサリーはレンズキャップとシリコンケースの2種類を展開します。 レンズキャップは、 「Leitz Phone 1」に同梱されている「シルバー」に、新から「ブラック」を追加。 脱着はマグネット式で“Leica”ロゴを中央に据えており、マット仕上げとなっています。価格は各5500円です。

シリコンケースは、 「Leitz Phone 1」に同梱されている「ブラック」以外に、2つの新カラーが追加されます。カメラ部分とのカラーコンビネーションを楽しめる「レッド」、 ライカ伝統のオリーブグリーンをモチーフにした「サファリ」のライカらしい2色です。価格は各9900円です。

source:ライカカメラジャパン