LEITZ PHONE 1

ソフトバンクは、ドイツの老舗カメラメーカー「ライカ」が全面的に監修したAndroidスマートフォン「LEITZ PHONE 1」(ライツフォン・ワン)を7月16日に発売します。

製造はシャープが担当。国内ではソフトバンクが独占販売し、価格は税込18万7920円。すでに予約を受け付けています。

本製品の大きな特徴は、1インチの超大型イメージセンサーと、F 1.9 / 焦点距離19mmの7枚構成レンズを背面カメラに搭載したこと。単眼ながら超広角から最大6倍のデジタルズームまで幅広い画角で撮影できます。

ライカらしいモノクロ写真の撮影や、RAWやJPEGでの保存にも対応します。

背面カメラを使わないときは同梱の磁気式レンズキャップで覆うことができます。

LEITZ PHONE 1

また、6.6インチの Pro IGZO OLED ディスプレイ(2730 x 1260 ドット)を搭載し、1〜240Hzで駆動することで細かな色彩の違いを再現できるとしています。

LEITZ PHONE 1

なお、ドイツのミュンヘンにあるライカのデザインスタジオが、外観のデザインを担当。筐体はライカのカメラ製品と同じ表面処理を施したほか、背面ガラスには3Dのライカロゴを埋め込んでいます。

製品の詳細は速報記事もご覧ください。


アウトカメラ:有効画素数約2020万画素 / ToF

インカメラ:有効画素数約1260万画素

ディスプレイ:約6.6インチ WUXGA+(2730 x 1260 ドット)Pro IGZO OLED

OS:Android 11

SoC:Snapdragon 888 5G

メモリ:12GB

ストレージ:256GB

外部:microSDXC 最大1TB(別売り)

バッテリー:5000mAh

5G:n3 / n28 / n77 / n78 / n79 / n257

4G:Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 17 / 18 / 19 / 21 / 25 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42

Wi-Fi:IEEE 802.11 a / b / g / n / ac / ax

Bluetooth:Ver 5.2

おサイフケータイ:対応

防水、防塵:IPX5 / IPX8、IP6X