老舗カメラメーカー・ライカカメラ社(Leica)が初めて作ったスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォンワン)」のファーストインプレッション。“隠れた兄弟機”のシャープ「AQUOS R6」と比較しながら、そのデザインと付加価値を探ります。

Leitz Phone 1はライカブランドとしては世界初のスマートフォンで、現時点では日本のみで展開。ソフトバンクの独占販売となっています。価格は税込18万7920円(ソフトバンク直営店)で、スマホにしてはもっとも高価な価格帯に入ります。ですが“ライカ”の中では比較的手に取りやすい価格帯にあります。例えば定番シリーズM型ライカのデジタルカメラ「M10-P」(ボディは108万8000円)と比べると、5分の1以下の出費で購入できます。

Leitz Phone 1

ライカとシャープはスマートフォンのカメラ開発で戦略的技術提携を発表しており、その第1弾が「AQUOS R6」でした。そして、AQUOS R6のハードウェアをベースに、“ライカデザイン”で再構築したモデルが「Leitz Phone 1」です。Leitz Phone 1の製造はシャープが担当し、ハードウェアや性能はAQUOS R6とほぼ共通。ライカは外観やインターフェイスのデザインやカメラ機能において、全面的な監修を行っています。

■コラボスマホ以上、デジタルカメラ未満

Leitz Phone 1は単なる「コラボスマホ」に留まらず、全身全霊でライカを味わえる仕様になっています。カメラに関わる部分もふくめて、ハードウェアの大部分をAQUOS R6と共有していますが、ライカがハードウェア、ソフトウェアの両面において、深いレベルでチューニングされています。

Leitz Phoneの外観はベースモデルのAQUOS R6(左、NTTドコモ版)と大きく異なります

Leitz Phone 1の外観はライカ独自にデザインしています。特に目を引くのは背面の円形のカメラユニットで、“ズミクロン”のレンズやToFセンサー、フラッシュなどが整然と並んでいます。塗装は、しっとりとしたラバー調で、すべすべとした独特の手触りには、このスマホならではの快さを感じます。

背面に目をこらすと、ライカの書体で「DESIGNED BY LEICA CAMERA GERMANY」の表示が見つかります。同時におサイフケータイの「FeliCaマーク」の存在にも気づくでしょう。

Leitz Phone 1のフレームはアルミ製で、側面部にはライカの交換レンズのようなローレット加工が施されています。ライカのクラフトマンシップの表現であるとともに、ローレット加工本来の目的である滑り止めとしても機能しています。

側面の仕上げはライカのカメラでおなじみのローレット加工

上下のフレームのフラットな楕円形を採用し、梨地仕上げの金属で重厚さと親しみやすさを同時に感じさせる仕上げに。下部にはスピーカーやUSB Type-C端子、イヤホンジャックが綺麗にくりぬかれています。

AQUOS R6をベースとしながらも、手に持った時の印象は全く異なります。両面ガラス素材のAQUOS R6が柔和なイメージを抱かせるのに対し、Leitz Phone 1はしっかりとした金属の重厚感と冷たさが手のひらに伝わり、いかにも精密な機械といった印象。撮影時に構えた時の安定感はAQUOS R6を上回ります。

外観の作りこみは「デザインド・バイ・ライカ」を謳うにふさわしいもの。ボディだけもプラス5万円の付加価値としては十分かもしれません

■磁石でくっつくレンズキャップ

付属品にはスマホでは珍しいレンズキャップを同梱。これはLeitz Phone 1専用の設計で、磁石の力でカメラユニットへピタッと吸い付きます。

カメラ風のレンズキャップが付属

また、シリコン製のケースも付属します。背面ガラスのAQUOS R6とは比べると、Leitz Phone 1の背面塗装はひっかき傷に弱い可能性があります。カギなどと金属製のモノと一緒に持ち歩かないように注意が必要と言えます。純正シリコンケースは傷をつけずに持ち歩くために役立つでしょう。

さらにライカカメラジャパンでは、純正アクセサリーとして、レンズキャップとシリコンケースのカラーバリエーションを展開予定。ライカストアとオンラインストアで8月上旬以降に発売します。

■カメラはAQUOS R6に準じているが……

Leitz Phone 1の白眉はなんといってもカメラにあります。シャープとライカが選んだアプローチは、「大きなセンサーを1つ搭載する」というもの。複眼カメラで画質を向上させるスマホカメラの“スタンダード”からは外れています。

ただし、このアプローチは、デジタルカメラとしてはむしろ王道とも言えるもの。技術的に困難なのは、1インチという大きなセンサーサイズを備えつつ、スマホとして持ち歩く上で不便にならない程度の厚みに抑えることでした。

ライカのレンズブランドに由来する「SUMMICRON 1:1.9/19 ASPH」を搭載

AQUOS R6とLeitz Phone 1が搭載する1インチのセンサーは、高級コンパクトデジカメで採用されているものと同じ。そのセンサーを活用できるように、シャープとライカが共同開発したスマホ向けの薄型レンズを搭載。このレンズはライカの「ズミクロン」の名が与えられて「SUMMICRON 1:1.9/19 ASPH」と称されています。

1インチセンサーやズミクロンレンズなど、カメラに関わるハードウェアの仕様では、AQUOS R6とLeitz Phone 1に違いはありません。

カメラアプリの機能のほとんども、AQUOS R6と共通しています。撮影した動画から静止画を残す「AIライブシャッター」のようなAQUOSスマホではおなじみの機能はLeitz Phone 1も搭載しており、オートモードのAIが検出する被写体や、マニュアルモードできる項目も共通です。

カメラアプリはAQUOS R6をベースとしつつ、Leitz Phone独自の機能も追加されています

両者のカメラ機能でもっとも大きな差分は、Leitz Phone 1専用の撮影モード「Leitz Looks」の存在です。他にもLeitz Phone 1では、画面表示やシャッター音など細かな点で独自のカスタマイズが加えられています。ただし、実機で撮り比べてみると、撮影シーンによっては顕著な画質の差を感じられました。

カメラの使い勝手や画質について詳しくは、ナカヤマユウショウ氏による深掘りレビューに譲りますが、以下では筆者がAQUOS R6との比較を通して感じた印象についてざっくりと紹介します。

■モノクロ専用「Leitz Looks」モード

Leitz Phone 1のために開発された「Leitz Looks」は、ライカこだわりのモノクロームを撮るための撮影モードです。

AQUOS R6ではモノクローム専用のモードは存在しませんが、マニュアル撮影で「色合い」のパラメーターを0にしてモノクローム撮影が可能です。ただし、Leitz Looksのモノクロームはそれとは一味違います。

Leitz Looksで得られるモノクロームは、ディテールのシャープさを維持しつつも、全体的に柔和な階調表現が得られる印象。風景やポートレートの撮影、特に陰影が強いシーンでその表現力を発揮します。

Gallery: Leitz Phone 1 モノクローム作例 | of 6 Photos

  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>

■AIオートでも画質に差がある

AQUOS R6とLeitz Phone 1のカメラは、ハードウェアとしては同じ仕様となっていますが、撮影する状況により、顕著な差が出る場面もありました。

例えば夕方、屋外の逆光下で明暗差がある場面の撮影で試みたとき、両機種の差は顕著に感じられます。こうしたシーンでAQUOS R6のAIオートは、露出を上げすぎて白飛びがでてしまうか、下げすぎて全体的に暗い絵になるかという極端な2択になりがちでした。

一方、Leitz Phone 1のカメラはオートモードで明暗差をきちんと認識し、光を柔らかく表現できています。

AQUOS R6(ドコモ版/ビルド番号:01.00.06)でオート撮影。明るい部分が白飛びしています
同じシーンをLeitz Phone 1で撮ると、逆光を抑えつつ暗部もしっかりと描写できました

こうした実機での比較結果から、Leitz Phone 1ではイメージセンサーから得たデータで画像を生成する段階のチューニングがAQUOS R6とは異なると推測できます。Leitz Phone 1では、1インチセンサーと7枚組レンズという贅沢な光学系のポテンシャルをより引き出せていると感じました。

なお、Leitz Phone 1とAQUOS R6のカメラのチューニングの違いについて、ライカとシャープは具体的には言及していません。AQUOS R6のカメラ画質も今後のアップデートにより改善し、Leitz Phoneと同等となる可能性もあります。

Leitz Phone 1のナイトモードで撮影。モノの隙間から差し込む光を丁寧に拾っています

Leitz Phone 1もAQUOS R6と同様に、スマホのカメラとしてはクセのある仕様となっています。スマホのカメラでは写せないような自然な光学ボケが得られる一方で、スマホのカメラでは当たり前の「ボケの無い写真」を撮るのは苦手です。

例えばテーブルに並べた料理の全体を撮るのは、Leitz Phone 1では難しく感じるでしょう。最短撮影距離が比較的長いことから、一般的なスマホカメラの感覚で“寄って撮る”と近すぎてフォーカスが合わないことがままあります。

Gallery: Leitz Phone 1 作例 | of 15 Photos

  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>
  • Leitz Phone 1で撮影
    <p>Leitz Phone 1で撮影</p>

■カメラUIにも細かな違いが

撮影モード以外には、画面表示にも細かな違いがあります。ズーム時に撮影領域を「フレーム」として表示できる機能が存在します。

細かい点ではシャッター音はAQUOS Rシリーズの「がしゃっ」という音ではなく、ライカM10をイメージした「カシッ」という柔らかい音に変更されています。

さらに、画面上のシャッターボタンを押すと、一瞬カメラのUI表示がすべて消えるという、「シャッターを押したことを認識させる画面表現」も組み込まれています。シャッター音とボタンが消える表現は、“シャッターを切る”という行為をよりカメラらしいものにしています。

Leitz Phoneには「シャッターを切る」という行為を意識させるための仕掛けも。シャッターボタンを押すとカメラUIが一瞬消え、再び現れます。

なお、撮影できる画角はAQUOS R6と同等で、カメラを初期設定の画角(画面表示上の「1倍」)は35mm判換算で24mm相当。1インチセンサーをフルに活用する広角端は19mm相当で、画面表示上は「0.7倍」、切り替わる2倍望遠が48mmとなっています。画面上のズームボタンをタップして「1倍」→「2倍」→「0.7倍」と画角の切り替えが可能です。

また、ピンチ操作で最大6倍(152mm相当)のデジタルズームが可能です。すべてデジタルズームで3倍以上のズームでは、AIによる超解像処理が作用し、画質の劣化が緩和されます。

■カメラの「スマホっぽい部分」はLeitz Phone 1も同じ

AQUOS R6のカメラが持つ強みは、Leitz Phone 1にも備えています。スマホ離れした自然なボケ表現やイルミネーションにも逆光にも強いナイトモード、動画撮影時の強力な手ぶれ補正など、スマホのカメラとして秀でている要素は多々あります。

一方で、普段からデジタルカメラを使い慣れている人なら、AQUOS R6やLeitz Phone 1の“中途半端にスマホなところ”が不便に感じるかもしれません。

具体例としては、ズームの不便さが挙げられます。AQUOS R6には倍率を機動的に変更する方法がありません。ズーム倍率を変更する手順は3つありますが、ズームボタンをタップして3つの画角を順繰りに切り替える、二本指でピンチアウトする、長押ししてスライダーを表示するといずれも多少の手間がかかります。

ガイド線の表示機能がLeitz Phone 1独自のUIに対応していないなど、作り込みの甘さを感じる部分も残されています

また、「マニュアルモード」で設定できる項目も、AQUOS Rシリーズのものを踏襲しており、デジタルカメラほど細かなパラメーター調整ができません。マニュアルモードでは「色合い」や「コントラスト」といった項目を調整できますが、1つの項目を設定するとほかの多くの項目がロックされるといった仕様で、カメラを使いこんでいる人ほどマニュアルモードに物足りなく感じるシーンは増えそうです。

カメラとしての機動性を求める人ならば、右手の親指の当たる位置に、ハードウェア式のシャッターボタンが無いことが気になるかもしれません。Leitz Phoneの右側面には上から音量上下キー、Google アシスタントキー、電源ボタンが並んでおり、このうち音量上キーはカメラアプリでシャッターボタンとして機能します。しかし、スマホを横向きに構えた時に、右手の親指の位置にくるボタンがないため、デジタルカメラと同じ感覚でシャッターを切ることはできません。

■ディスプレイや指紋センサーも最高峰

カメラ以外のハードウェアも、スペックはAQUOS R6とほとんど共通します。スペック上での差分は、ストレージ容量のみで、Leitz Phone 1は256GBに増量されています。

カタログスペックはAQUOS R6とほぼ共通。シャープ製IGZO有機ELディスプレイを搭載し、防水やおサイフケータイにも対応する

2021年のフラッグシップにふさわしい仕様となっているため、アプリの利用で困ることはほぼ無いでしょう。AQUOS R6の操作性についは河童丸氏のレビューで紹介されているため、ここでは主要なスペックを列記するにとどめておきます。

関連記事:

AQUOS R6レビュー、シリーズ仕切り直しでより尖った仕様に!

ディスプレイはシャープ製のIGZO有機ELディスプレイで、画面サイズは約6.6インチ。IGZOには画面が変化しない部分の電力消費を抑えられるという特性があり、WebブラウザーやSNSアプリなどを長時間利用できます。バッテリー容量も5000mAhと大きく、カメラやテザリングで使いこんでも電池持ちには余裕があります。

搭載画面内に二本指を認識する超音波式指紋センサーを内蔵します。チップセットはSnapdragon 888でメモリは12GBと。最大2.4Gbpsの5G通信やWi-Fi 6、防水防じん、おサイフケータイをサポート。なお、Leitz Phone 1はソフトバンク専売のモデルとなっているため、5Gの対応周波数帯はソフトバンクに最適化されています。

ホーム画面にはライカオリジナルのウィジェットを搭載

テーマ機能などのカスタマイズ要素は少なめですが、ライカの世界観を効果的に演出しています。ロック画面の時計の数字はライカのカメラでおなじみの字体を採用。壁紙はライカらしいクリエイティブな写真が39枚もプリセットされています。

また、オリジナルのウィジェットとして、プロの写真編集者が選ぶ「LFI.GALLEY」のアルバムを表示するウィジェットを搭載しています。

そのほかのプリインストールアプリはソフトバンク版のAQUOS R6と同等の仕様。AQUOSシリーズ特有の機能も、自動で流し読みできる「スクロールオート」や、指紋センサーの長押しでアプリを立ち上げる「Pay トリガー」など複数を搭載。スマホがしゃべる「エモパー」もしっかりとプリインストールされています。

AQUOS R6では「AQUOSトリック」に相当する設定メニューは「便利機能」という名称に

なお、スマホの画面上からは「AQUOS」の文字は徹底的に削除されています。AQUOS Rシリーズ独自の設定を集めた「AQUOSトリック」はLeitz Phone 1上では「便利機能」と改称されており、ホーム画面のAQUOS Homeも単なる「Home」と記されています。このスマホの設定でAQUOSブランドを目にするのは、「よくある質問」からサポートサイトを開いたときくらいでしょう。

■使って分かる作りこみ。次世代にも期待

Leitz Phone 1の「ライツ」は、ライカの中興の祖、エルンスト・ライツII世とライカ創業期の社名に由来します。1900年代前半にライカが送り出したフィルムカメラは、35mm判カメラの基準を作り、写真の歴史の流れを作りました。「Ernst Leitz」と刻まれており、“ライツのカメラ”と呼ばれてベストセラーとなりました。

ライカにとってLEITZという言葉は単なるブランド以上の思い入れがあり、その名を受け継いだ「Leitz Phone 1」には、ライカがスマホにかける期待が感じられます。

Gallery: Leitz Phone 1 | of 17 Photos

  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>
  • Leitz Phone 1
    <p>Leitz Phone 1</p>

シャープはスマホ向けの薄型レンズを自社開発してきた実績があり、ライカは光学設計とスマホ向けカメラの画質評価でのノウハウの蓄積があります。「スマホ向けの薄型設計と大型センサーの両立」というチャレンジは、シャープとライカのコラボレーションだからこそ実現できたものと言えるでしょう。

その中でもLeitz Phone 1は、ライカのチューニングを徹底し、御しづらい光学系の持つ実力を最大限に引き出したものとなっています。カメラとしては、ソフトウェア、ハードウェアともに作り込みの余地を感じるものの、協業の処女作としては十二分以上の魅力を持つ製品に仕上がっています。

シャープとライカのノウハウを活かして「スマホ向けの薄型設計と大型センサーの両立」に取り組んだ協業第一弾モデル

デジタルカメラ時代のライカは、カメラの世界でも他社との提携を通して製品バリエーションを広げてきました。特にパナソニックとは20年以上に渡る協業関係にあり、例えばライカ製の「SL2-S」とパナソニック製の「LUMIX S5」のように、実質的な兄弟機と言えるモデルも存在します。

シャープとライカの協業は長期に渡るものと発表されており、後継機も共同開発は継続する見通しです。ライカのこれまでのビジネスモデルを踏まえると、Leitz Phone 1は、スマホの世界でもこのモデルを再現しようという試みとも捉えられます。

AQUOS R6/Leitz Phone 1で得られた経験が、将来的な製品開発に反映されてゆけば、カメラとスマホの領域をまたぐ魅力的な製品が多く登場することになるかもしれません。