レノボがサブモニタにもなるタブレット「Yoga X(仮)」開発中か

まるでiPad?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年07月15日, 午前 07:00 in tablets
0シェア
FacebookTwitter
Yoga X
Yoga X

中国レノボがサブディスプレイにもなるAndroidタブレット「Yoga X(仮称)」を開発しているとの噂が、海外にて伝えられています。

著名リークアカウントのEvan Blassが投稿したYoga Xのイラストからは、本体下部に太めのベゼルがあるタブレットが確認できます。このように下部ベゼルが太いデザインは外部ディスプレイとしては一般的で、レノボが先日発表したサブディスプレイ「ThinkVision M14t」も同様のデザインを採用しています。

そして海外テックサイトのXDA Developersによると、Yoga XはMini HDMIケーブルでPCやスマートフォンなど他のデバイスに接続するとのこと。また接続時にはデータ保護のためにAndroid OSがロックされますが、一方で輝度や音量調整、オーディオ出力などの一部機能は引き続き利用できるとしています。

タブレットの外部ディスプレイ化といえば、真っ先に思いつくのがiPadで利用できる「SideCar」機能。Androidタブレットでも同様の仕組みが実現できれば、なかなかおもしろい展開になりそうです。

 

Source: Evan Blass (Twitter), XDA Developers
Via: 9to5Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: tablets, Lenovo, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents