LG Display
LG Display

LGが、1月1月11~14日の期間に完全オンラインで開催されるCES 2021で、48インチ4K解像度の「曲げられるOLEDディスプレイ」を展示します。Bendable CSO Displayと仮称するこのディスプレイは、例えば映画鑑賞の際はフラット形状で、そして没入感を重視するゲームをプレイするときには、最小半径1mの曲面形状に変形可能です。

CSOとはCinematic Sound OLEDの略で、ディスプレイそのものに厚さ0.6mmのフィルムエキサイターが備えられており、ディスプレイ全体がスピーカーとしても機能します。画面そのものからサウンドが発せられるため、コンテンツ鑑賞において臨場感の向上が期待できます。

たとえばソニーのテレビ製品などにも、ディスプレイ画面をスピーカーとして使うものはあり、画面から音が出るという発想自体は新しいものではないかもしれません。しかし、画面がフラットから湾曲ディスプレイへとモーフィングするという点でこのディスプレイは多人数での映画・映像鑑賞から単独使用でのゲーミング用途の両方で、最大限の没入感や臨場感を提供できます。

LGはこのディスプレイが応答時間0.1ms、40~120Hzの可変リフレッシュレートで動作するとしています。単純にゲーミング用ディスプレイとして考えれば、すでに240Hzや360Hzといった製品もありますが(仕様にもよるものの)たとえばXbox Series XやPS5といった新世代のゲーム機での使用においては、4K120FPS、しかも画面から直接効果音が聞こえる高い没入感で、快適なゲームプレイを体験できるかもしれません。

source:LG