LG Gram
LG Electronics

LG Electronicsは1月7日、同社の軽量モバイルノートLG gramの2021年モデルを発表しました。軽量、薄型でバッテリーでの長時間駆動というコンセプトはそのままにナローベゼル化が進んでおり、画面占有率は全てのモデルで90%と、これまでのモデルよりもスタイリッシュな印象になっています。

ラインアップとしては、14型、16型、17型のクラムシェル型モデルに加え、14型と16型にはディスプレイを背面に回せる2-in-1モデルも。現行の2-in-1は14型のみでしたが、16型が新たに加わっています。この2モデルはWacomのAES方式スタイラスペンでの操作にも対応します。


また、ディスプレイの色域も大きく広がり、DCI-P3比率で99%をカバーします(現行では、P3より色域の狭いsRGB比で96%カバーでした)。解像度は、17型と16型は2560x1600、14型は1920x1200で、アスペクト比が16:10と縦に増加。17型は現行モデルも16:10でしたが、他モデルも揃えられた格好です。4辺のナローベゼル化とあわせて没入感を高め、洗練された外観に貢献しているとしています。

LG Gram
LG Electronics

SoCは第11世代のIntel Coreを搭載し、RAMは最大16GB、ストレージにはM.2 SSD(NVMe)を採用。インターフェースもThunderbolt 4にアップグレードしたほか、Wi-Fi 6にも対応しています。

LG gramの特徴である軽さに関しては、クラムシェルの14型が999gと1kg切りを継承。16型が1.19kg、17型でも1.35kgと、こちらも現行モデルを継承します。なお、2-in-1モデルは14型が1.250kg、16型が1.48kgです。

もう一つの特徴である大容量バッテリーについても、従来通り17型と16型には80Wh、14型は72Whの容量を搭載します。


価格や発売日などの詳細は明かされていませんが、LGは1月11日からオンラインで開催されるCES 2021の仮想ショールームでLG LG gramの新モデルを体験できると発表しているため、それに合わせてより詳細な情報が公開されるものと考えられます。

source: LG