韓国LGの折りたたみスマートフォン「LG Rollable」の開発が保留されており、中断される可能性もあると韓国筋にて報じられています。

Yonhap Newsによれば、LGは中国BOEを含む部品メーカーに対し、LG Rollableの開発プロジェクトを保留するように指示したとのこと。これにより、部品メーカーからはこれまでの開発に関する補償を求められる可能性があることも伝えられています。

LG Rollableは今年のオンラインCESにあわせてLGが発表した巻取りスマートフォンで、巻取りディスプレイを展開することで画面サイズをスムーズに拡大することができます。また同社がNikkei Asiaによせた声明によれば、LG Rollableは年内にリリースされる予定でした。

今回の報道では、LG Rollableの開発が予想以上に遅れており、市場に製品を投入するからには成功を収める必要があるというプレッシャーがあったという、業界関係者の推測も伝えられています。

また、LGのモバイル事業は赤字が続いており、ビジネスからの撤退の可能性も今年に入り報じられています。巻取りスマートフォンは中国OPPOやTCLがコンセプトを披露しており、現時点ではどのメーカーが製品投入の一番乗りを果たすのかは不透明です。

関連記事:

画面を巻き取れるスマホ「LG Rollable」は2021年中に登場か(山根博士)

LGが巻取りスマホ披露、伸びてタブレット大に:CES 2021

Source: Yonhap News