画面が回転する2画面スマホ。LG WING海外発表

ガラケーっぽい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年09月15日, 午後 02:00 in LG
0シェア
FacebookTwitter
LG Wing 5G
LG

LGは9月14日(現地時間)、ディスプレイが90度回転すると下からサブディスプレイが現れる2画面スマートフォンLG WINGを発表しました。

ディスプレイが90度回転する端末は、N-01Aなど往年のガラケーにもありましたが、その下から登場するのはキーボードではなくセカンドディスプレイです。

メインの画面は6.8インチ FHDのPOLED。上下のベゼルが若干太くなるものの、ノッチやパンチホールもない、ほぼ全画面のFullVisionです。32MPのフロントカメラは、ポップアップ式になっており、セルフィー利用時に上部からせり出してきます。

そのメイン画面を90度回転させるスイベルモードでは、3.9インチのセカンドディスプレイが登場し、別々のアプリを表示するなど、マルチタスクで利用出来ます。LGはディスプレイ付きケースを装着することで2画面として利用出来るLG G8X ThinQなどをリリースしており、このあたりのノウハウは豊富そうです。

LG Wing 5G
LG

また、このスイベルモードでは、スマートフォンでは世界初だというジンバル機能に対応します。セカンドディスプレイ部をジンバルのグリップに見立て、カメラの角度を制御出来るジョイスティックを表示。手振れの軽減や水平方向のパンフォローなど、一般的なジンバルの機能を備えています。

なお、背面カメラは64MPの広角と13MPの超広角、ジンバル機能用の12MPという3眼仕様。スイベルモードではこの3つのカメラの内の1つと、32MPのフロントカメラの同時撮影も行えます。

そのほか、スマートフォンとしての仕様は、SoCがSnapdragon 765Gで5Gにも対応。RAM8GB、ストレージ128GB(北米版は256GB)。最大2TBのmicroSDにも対応します。バッテリー容量は4000mAh。サイズは169.5 x 74.5 x 10.9 mm、重さは2画面有るためか260gとやや重めです。

ポップアップカメラに回転機構など、構造が複雑化すると耐久性が心配になりますが、MIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃、振動、温度体制を備えています。ただし、さすがに防水ではありません。

LG WINGは10月に韓国で発売され、その後北米と欧州で展開予定としています。価格は発表されていませんが、約1000ドル(約10万6000円)になるとの噂も出ていました。

Source:LG


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: LG, LG WING, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter