KDDIは、iPhone 12 Proが搭載するLiDARスキャナを活用した彫刻鑑賞アプリ「AR x ART」をiOS向けに公開しました。著名な彫刻家の名和晃平氏とコラボし、カメラで写したヒトやモノを名和晃平氏の代表作「PixCell」へリアルタイムで変換するコンテンツなどを用意します。

LiDARスキャナとは、パルス状に発する光を用いて、対象物の距離・位置・形状を立体的に検出するセンサーのこと。AR(拡張現実)の精度向上などに役立てることができ、アップルの最新端末であるiPhone 12 Pro / Pro MAX / iPad Pro(2020)が搭載しています。

このLiDARスキャナを活用した「AR x ART」アプリでは、名和晃平氏の彫刻作品をARで鑑賞で鑑賞できます。また、名和晃平氏にゆかりのある場所や、au 5Gエリア内の特定の場所を訪れると、新たな作品がアンロックされる位置情報ベースの仕掛けも用意しています

なお、LiDARを活用するメリットとしては、即座にARオブジェクトを表示できる点が挙げられます。従来は床面認識が必要で、ARオブジェクトを表示するまでにiPhoneを動かすなどの手間が必要でした。また、LiDARを使うことで、iPhoneを動かしてもオブジェクトの位置がずれないメリットもあります。

実際に体験してみると、ARkitやARCoreでこれまで体験したスマホARに比べると、ARの安定感が高まっているように感じます。従来のスマホARのように、端末を動かすと時折、オブジェクトが明後日の方向に飛んでいくこともありません。オクルージョンにも対応し、ARオブジェクトの前に人がいると、オブジェクトは人物の裏に隠れるといった現実世界に近い表現も実現しています。

また、12月をめどに、カメラをかざすと、目の前のオブジェクトや人物がリアルタイムに名和晃平氏の代表シリーズ「PixCell」へと変貌するコンテンツの提供も目指しています。

名和晃平氏の代表シリーズ「PixCell」
KDDIはデザインブランドのiidaシリーズで2010年に名和晃平氏の代表シリーズ「PixCell」とコラボした「PixCell via PRISMOID」を発表していた

発表会に登壇した名和晃平氏は、PixCellについて情報化社会の到来を彫刻で表現したものと説明した上で、『10年前にiidaというプロジェクトで、携帯電話に透明な球体をつけて、PixCell via PRISMOIDという作品を出した。その10年前にはPixCellという作品を出した。20年越しで(LiDARのような)デジタルの最先端の作品に取り込めるのは非常に感慨深い』とコメントしました。

名和晃平氏

Source:KDDI AppStore