世界最軽量の名声以上にタイピングのしやすさが好評のノートPC「LIFEBOOK UH」シリーズ。そのキーボードを「そのまま取り出した」というコンセプトのモバイルキーボード、LIFEBOOK UH Keyboard(以下、UHKB)がGREEN FUNDINGで支援者を募集中です。

Engadget

関連: 富士通のトラックパッド搭載キーボード UHKBがクラファン開始

今回、まだほとんど情報が出ていないUHKBのポインティングデバイス“トラックパッド”にフォーカスし、開発者であるFCCLのキーボードマイスター、藤川英之氏にオンラインでお話をうかがいました。聞き手はエンガジェット日本版の編集長、矢崎で本プロジェクトの発起者でもあります。すでに支援を決められた方、まだ悩まれている方にもご一読いただけたらと思います。

──当初、トラックパッドを搭載するかしないかで議論しましたよね。クラファンのコメント欄を見ていると、搭載して正解だったと思いますが、いかがでしょう。

藤川 そうですね。キーボード部のみというのも検討しましたが、やはりプロジェクトとして魅力が薄いなと感じました。弊社のFMV-NKB4というモバイルキーボードが数年前、あるメディアで唐突に取り上げられ、標準レイアウトでタッチパッドが付いたキーボードが、これ以外、市場にほとんど出回っていないようなことが書かれていたので、ずっと意識はしていました。せっかくの機会なので、トラックパッドも含めてUHと同じ使用感を提供できたらと思い始めたのです。

Engadget
▲2012年発売のFMV-NKB4(現在は販売終了)

──トラックパッドの位置やサイズもUHそのままでしょうか。

藤川 そうですね、コンセプトがハッキリしましたのでそこは悩んでいません。トラックパッドの奥行だけほんの少し縮まっていますが、クリックボタンの形状を工夫することで最低限に留めています。

Engadget
▲トラックパッドも含め名機LIFEBOOK UHほぼそのまま(手前は試作モック)

──トラックパッドが手前にあることで、タイピング時の誤反応を気にする声も上がっていました。トラックパッドはオフにできますか?

藤川 はい、無効化する機能を設ける予定で進めています。キーコンビネーションでオン・オフできるようにしようかと。また、無効化しなくても明らかに誤タッチと思われるものには反応しないようなチューニングを施すことも考えています。

──トラックパッドのドライバーはどのようなものになりますか? 初回接続時にキーボードとは別に組み込まれるのでしょうか?

藤川 それぞれインボックスドライバ(OS標準のドライバ)が組み込まれます。汎用性を重視し、個別のユーティリティは現時点では考えていません。本機に限ったことではありませんが、USB接続とBluetooth接続では組み込まれるドライバが異なるので、まったく同じ挙動にはならないと思います。

──接続方法の違いやプラットフォーム間でトラックパッドの操作に微妙な違いが生じるということでしょうか。

藤川 OS標準ドライバなので、カーソル速度などのカスタマイズはそれぞれのOSの設定で好みに近づけていただくことになります。ただ、上下スクロールの方向がMacは上下を逆転できるのに対し、Windowsはレジストリをいじらないとできませんよね。そこで、Modeボタン(Fn+F1)を配置し、モードを切り替えることで、逆転の設定などもできるよう検討中です。

Engadget
▲Fn+F1に割り当てられたModeボタンで、Win/Mac間の挙動を近づけることができる

──おお、それは朗報です! ほかには何が可能になる予定ですか?

藤川 たとえば、Macはcontrol(もしくはcommand)+スペースで言語の切り替えを行ないますが、Mode切り替えで半角/全角キーをこれに割り当てられたらいいなと。プラットフォームが切り替わっても極力同じ操作法が通じるよう、検証を続けています。

──クリックボタンだけはUHと違いますが、より押しやすくなっていますか?

藤川 ノートPCでは画面を閉じた際の干渉問題がありますので、このように背の高いボタンは採用できないんですよね。そのためボタンの面積を大きくしているのですが、今回は高さの制約がないぶん、チャレンジできました。ケータイのボタンのようにポチっと押せるような感覚を重視しています。取りこぼしのないように固すぎず、といって誤入力にならないよう柔らかすぎずというのを追及すると、古き良きケータイのボタンが理想とわかったんです。具体的には100グラムちょっと超えるくらいの固さにして、1ミリ押し切らないくらいで反応するイメージで調整しています。指の腹が本体表面に当たる直前に反応する感じですね。

Engadget
▲バータイプのクリックボタンはアルミ製で高級感もある

──トラックパッドはジェスチャー操作にも対応しますか?

藤川 はい、4点タッチまでのジェスチャー操作に対応予定です。パッド部でのクリック操作も設定可能です。ただ、先ほど述べた通りドライバの事情で有線と無線(Bluetooth)で同じになるか、Macでのジェスチャーがどうなるかは確認中です。ここ(ジェスチャー対応)は非常に難しい部分なので、違和感がないことを優先して詰めています。AndroidやChromebookは一筋縄にはいかない状況でして、主要なモデルでの動作を確認し、結果をご報告する感じになるかと思います。

──UHKBのトラックパッドについて、支援者や購入を検討されている方に貴重な情報を、ありがとうございました。

Engadget
▲トラックパッドについて細かく説明してくれたキーボードマイスターの藤川氏(右上)。左下の河野氏にはUHKBの軽量化について話を伺った(次回掲載予定)

後編はコチラ

絶賛クラファン中のLIFEBOOK UHキーボード 超~軽いのに安定した打鍵感のヒミツ(PR)

Engadget