Lilienthal Berlin The L1 世界3大デザイン賞の2つを受賞した腕時計

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
GREEN FUNDING with Engadget Staff
2020年08月9日, 午後 12:01 in crowdfunding
0シェア
FacebookTwitter

GREENFUNDING

GREENFUNDING

世界3大デザイン賞のうち「IFデザイン賞」「IDEA賞」2受賞!

都市ベルリン発 腕時計 Lilienthal Berlin The L1

Lilienthal Berlin The L1

  • 「今一番面白い都市」で注目の「ベルリン」でデザインされた時計 Design in Berlin

  • ミニマニズム x ベルリン

  • MADE IN GERMANY の優れた品質

  • 世界的デザイン賞 総ナメ

Lilienthal Berlin リリエンタール ベルリンは信頼のドイツ時計ブランドです。

腕時計好きがたどり着く、ドイツ時計という選択

時計のゼンマイは1500年頃ドイツ人によって発明されました。時計はゼンマイの発明により腕時計にするまで小型化が可能になりました。また、北ドイツ宗教改革がきっかけとなりカルヴァン派信徒のドイツ時計職人は迫害を逃れスイス国内に逃げてきました。その職人技術がスイス国内に受け継いでいかれたのです。

ものづくり大国ドイツはマイスター制度が確立しており、ユンハンス・A.ランゲ&ゾーネ・ジン・モンブラン・ツエッペリンをはじめ幾つもの高級時計を生み出しました。ドイツの長い歴史と精密機器に対する信頼性がもたらすドイツならではの時計です。

Lilienthal Berlinの時計はドイツ製としての高い性能を誇っています。しかしそれらの時計と大きく異なる点があります。従来の伝統を重んじたクラッシックなデザインではなく自由で革新的な街ベルリンらしさを象徴するブランドです。

Design in Berlin  Made in Germany

Lilienthal Berlinは堅実なドイツが魅惑的・前衛的なベルリンの街に感化され創った時計なのです。ミニマニズムと先進的なデザインがうまく融合した時計それがLilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンです。

 

 European Product Design賞をはじめ数々の世界的名誉あるプロダクトデザイン賞受賞した腕時計です。

魅惑の街”ベルリン”から発生した時計ブランド 

BERLIN IS MORE THAN A CITY

-今、ベルリンが"世界で一番面白い"とよく耳にします-

独特な興味深い街ベルリン

Berlin ist nicht Deutschland. (ベルリンはドイツではない)

という言葉があるように、ベルリンは他のドイツの町と比べて独特な雰囲気があります。街並みも旧東ドイツだった東地区には、オペラ座など古い重厚な公共の建物が集まっている一方、旧西ドイツだった西地区には洗練された都会的な雰囲気が漂っています。ベルリンは歴史ある建造物とモダンなビルが交錯し、エネルギッシュな魅力にあふれています。

自由闊達なベルリン人

ドイツ人と聞くと堅実で規律を大切にする国民性をイメージすると思います。しかし、歴史の渦に翻弄され続けたベルリンに住む人々は、たくましく自由闊達なのです。

時代背景もあり、ベルリン人には「壁が無くなり俺たちはもう自由!」自由の町ベルリンの気質があります。ドイツの首都にも関わらずスーツを着ている人が本当に少ない。

「ベルリンで石を投げればアーティストに当たる」

と言われるほど、アーティストが多い町です。町には至る所にギャラリーがあります。

国際色豊かなベルリン

ドイツ語だけではなく、英語、トルコ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語、、等々様々な言語が聞こえてきます。これはヨーロッパでは群を抜いて国際的・経済的に豊かなドイツであるからです。

そんなベルリンという街をデザインテーマにした時計

それがLilienthal Berlin - リリエンタール ベルリンなのです。

ドイツミニマニズムと先進的なデザインがうまく融合したデザインです。個性はあるがミニマニズム的デザインによりビジネスにも普段着にもマッチする時計です。

個性溢れる街・個性溢れる人々 Lilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンはあらゆる広告やプロモーションビデオの中で”What is your standerd?(”貴方の基準は何ですか?”)と問いかけてきます。個性集溢れる人々の街ならではの問いかけですね。

Lilienthal Berlin のこだわり

ドイツ製のクオリティ MADE IN GERMANY QUALITY

Lilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンの時計は全てドイツで作っています。また組み立てから検品まで全てに於いてドイツにて行われています。

ドイツクオリティは車をはじめバウハウスの優れたデザイン、ビールに至るまで世界的に信頼のある職人が支えています。Lilienthal Berlinも数多くの職人によってドイツ製のクオリティを維持しています。

文字盤製作   The dail making factory in Germany

文字盤製作職人はベルリンから南へ800km離れた”黒い森”THE BLACK FOREST のSchätzle&Cie工場にて作られています。のどかな小さな工場ですが最新のテクノロジーを兼ね備えたドイツの工場です。

最先端のコンピューター制御の切削工具を使用して、文字盤に非常に細かいディテールを作成しています。この文字盤は、ハイテク機械、塗装工、プリンターを操作する熟練職人達が一丸となって取り組んだ品質になります。

ストラップ製作     The strap factory in Germany

ドイツには革製品を製造している工場は沢山ありますが、Lilienthal Berlinが求める品質で製造する工場は限られています。厳選された3つのパートナー(Graf、Marburger、およびDi-Modell)がその工場になります。

細心の注意を払った製造プロセスの多くは、熟練した職人の伝統的な技術を必要とします。また、いくつかのステップは特別な専門機械で製作しています。Lilienthal Berlinのストラップはシンプルさと繊細さを特徴としています。その美しさを保つには多くの努力と専門知識が必要とされます。技術の達人が集まる、3つの製造パートナーがいて、はじめてLilienthal Berlinの特別な願望とニーズを満たす事が可能になりました。

時計の組み立て The watch assembel factory in Germany

Pforzheimプフォルツハイムは”宝飾品と時計製作の都市"として世界的に知られています。そのプフォルツハイムの中にあるErmanoにて熟練職人によって厳しい品質チェックを受け高い精度の時計を組み上げています。専門家の注意深い目は、ほんの小さなほこり、傷、を見逃しません。個々のコンポーネントは、細心の注意を払って手作業で組み立てられます。彼ら組立職人は芸術として仕事を考えています。精密工学の最高の芸術は安定した技術だけでなく無限の忍耐力も必要とする芸術だと捉えているのです。

Bundesverband Schmuck + Uhren(宝石、時計、銀器、および関連業界のドイツ協会)の厳しいテスト基準に準拠させ、あらゆる点でそれらを満たしました。

Lilienthal Berlin The L1の特徴

Lilienthal Berlin リリエンタールベルリンの時計は、一見リュウズが時計の本体に埋もれて見えるシンプルなスタイルが特徴です。

特にクオーツ時計においてはリュウズは頻繁に使うことはないかもしれません。まさにドイツ合理主義的なミニマリスティックデザインです。

  • ボディは316外科用ステンレス

  • ガラス風防は硬く傷のつきにくいサファイヤガラスを使用

  • The L1の最大の特徴は薄さです。ロンダ社スイスパーツムーブメント:ウルトラスリムを使うことで厚さはわずか7.5mmを実現しました。

  • 針・数字とロゴにはスーパールミノーバを使用、暗闇で蓄光が刻を知らせます。

  • 各種類サイズは2タイプ 37.5mm と 42.5 mm ペアでご使用になれます。

  • ストラップはステンレスメタルと革ベルトコルクベルトの3種類

  1. ステンレスメッシュベルトはご自分で長さの調整ができるものになっております。

  2. 革ベルトは植物タンニンに依る染めで環境にも人にも優しい。アレルギーを起こしにくい染料になります。

  3. 両タイプ共、簡単にベルトが交換できるリムーバブルピンを使用しています。

The L1

Lilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンの中でも抜群の人気であるThe L1シリーズから4種類を厳選しました。いずれも本国ドイツにてトップセールスを誇るアイテムです。

ALL BULE ・ALL BLACK・ALL SILVER・FIREの4種類を用意しました。各種2サイズ

THE L1 ALL BLUE 

ステンレスにIPダークブルー加工のケースとメッシュストラップ 37.5mm と42.5mmの2サイズ

ヨーロッパ・アメリカで一番人気の組み合わせです。

ブルーは空の色でもあり海の色でもあり、生命とエネルギーに溢れ活気に満ちていますが同時にリラックスさせてくれる色です。このすべてをマットブルーケースにブルーサンバースト文字盤の美しい”L1”というカプセルに入れて持ち歩いてください。

THE L1 ALL BLACK

ステンレスにIPブラック加工のケースと高級黒革ストラップ 37.5mm と42.5mmの2サイズ

秒針の青と黒ベルトの青ステッチが単なる大人の時計とは一線を画します。黒はどんな場面にも合う、もっとも多用途に使いこなせる色でもあります。

ヨーロッパ・アメリカでスタンダードアイテムとして人気の組み合わせです。

THE L1 ALL SILVER

ステンレスにIPシルバー加工のケースとメッシュストラップ 37.5mm と42.5mmの2サイズ

マットなシルバーに潜むブラック文字盤は知性を感じさせます。Berliner silverと呼ばれ幅広い層に人気です。

 

THE L1 FIRE

ステンレスにIPブラック加工のケースとコルクストラップ 37.5mm と42.5mmの2サイズ

L1には沢山の種類があります。ストラップも沢山あります。その中でも上記 ALL Blue ALL Black ALL Silverは抜群の人気。

それに次いで人気なのがこの"FIRE"と呼ばれるウオッチヘッドにコルクストラップです。

THE URBAN PULSE OF TIME

”大都市の鼓動”が込められた時計 

Lilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンは卓越したデザイン、ベルリンのライフスタイル、「ドイツ製」の品質が1つの時計に組み合わされています。

”大都市の時間の鼓動”をぜひ貴方の腕に。

予定配送時期 2020年10月より配送を開始、2020年11月末までに完了※発送は日本国内限定です。

 

実行者の想い

株式会社モントルロロイは、Lilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンの正規輸入代理店として、商品を支援者の皆様にお届けいたします。

GREEN FUNDINGにてはじめてプロジェクト挑戦する事となりました。

弊社は120年以上の歴史がある日本 初期の時計メーカー「村松時計製作所」のOEM/オリジナル時計製作部門として発足して以来、長年時計製作に携わってまいりました。

小規模ではありますが、弊社は国内に限らず、アジア・アメリカ・イギリス・ドイツの展示会に出店を重ねて参りました。有難くも、仏プランタンデパートや米国MoMa近代美術館ミュージアムショップ等に採用いただいております。その中で常日頃、世界中の時計をチェックしており、時計の本場である欧州の時計を輸入する機会を模索して参りました。同じ時計メーカーとして厳しい目で探してきたと自負しております。そして信頼できる今年ドイツブランドLilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンと出会いました。これが弊社としては2回目の独占販売契約でした。

信頼のおけるドイツブランドよりLilienthal Berlin-リリエンタール ベルリンを紹介いただき、独占販売契約を交わし正規代理店となりました。世界的に名誉ある三大デザイン賞"reddotデザイン賞" ・”IFデザイン賞”・ "IDEA賞"すべてを取得しているブランドを取り扱う事を誇りとしております。その中でも今回のThe L1は”IFデザイン賞”・ "IDEA賞"をはじめ数多くの受賞歴があり、この素晴らしい時計をより多くの皆様に知っていただきたくプロジェクトに参加させていただきました。何卒よろしくお願い申し上げます。

リスク&チャレンジ

※外装上に関する返品・返金はお受けいたしかねます。
※デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。
※革ベルト・時計文字盤・時計ケースは照明の作用で実際のものとは色が異なって見える場合があります。ご承知置きください。
※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
※新型感染症の影響で世界的に運送の影響が危惧されます、影響次第では出荷が遅れる場合がございます。
※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。
※並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: crowdfunding, greengadget, news, gear
0シェア
FacebookTwitter