waneco talk

猫のトイレタイミングを飼い主のLINEアプリで通知してくれる──。そんなサービス「waneco talk(Tolettaオプション)」が2022年1月に始まります。

これはNECと猫用カメラ付きトイレ「Toletta(トレッタ)」を提供しているトレッタキャッツとの協業によるサービスで、留守番などをしている犬や猫の状況を遠隔地からトーク形式で把握することが可能なサービス。

具体的には三軸加速度センサーと気圧センサーを備えたPLUS CYCLE(プラスサイクル)を首輪につけ、収集した犬や猫の活動量をNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」で分析することで、ペットの状態に基づいたメッセージが「waneco talk」のLINE公式アカウントから飼い主に届くというものです。

waneco talk
▲「Toletta」のカメラ付きトイレ

なお、NECは人とペットとの暮らしにおけるさまざまなサービスをIDでつなぎ、飼い主をサポートする愛玩動物コミュニケーションプラットフォームサービス「waneco」の第一弾サービスとして「waneco talk」を提供しています。

今回の連携ではwanecoプラットフォームを活用し、Tolettaでの猫のトイレタイミングで飼い主に「トイレしたにゃ~!」や「用を足したとこ・・・」などのメッセージが愛らしい姿とともにLINEに届くため、飼い主は離れた場所に居ても、猫のトイレ回数やその様子を把握することができます。

両者の発表によれば、今後、Tolettaから得られた各種データを蓄積してAIで分析することで、「いつもと違う変化」が検知された場合は飼い主に知らせる機能を追加するとのこと。

ここまで聞くと、なぜ犬ではなく猫対象のサービスなの? と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。この理由についてトレッタキャッツ側は次のように説明します。

「猫は腎臓や泌尿器の疾患になりやすいという、種の特性があります。特に、慢性腎臓病は死因のトップにもなっています。一方、犬は腎臓や泌尿器の疾患になりやすいという特性はありません。また、腎臓や泌尿器系疾患の初期症状は、尿の量や回数に現れます。つまり、“猫にとって”トイレの管理はとても重要です」。

コロナ禍で『おうちじかん』というワードを耳にする機会が増えましたが、今後は自宅で過ごしながらペットの健康意識を高めるプロダクトにも注目が集まりそうです。

*内容を追加しました


Source:NEC , Toletta Cats(トレッタキャッツ)