ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO」(ラインモ)で、音声通話オプションを1年間毎月500円割り引く「通話オプション割引キャンペーン」を3月17日から実施します。

同キャンペーンを適用することで、1回5分以内の音声定額を加えても、「LINEMO」を契約してから1年間は月2480円で利用可能。ドコモの「ahamo」(月2700円)やKDDIの「povo」(月2980円)より割安に利用できます。なお、1年が経過すると月2980円となり、ドコモ「ahamo」より割高になります。

また、完全かけ放題となる「通話定額」オプションも通常月1500円のところ、契約から1年間は月1000円で利用できるため、「LINEMO」との合算で月3480円で利用できます。

このキャンペーンは、NTTドコモが「ahamo」の月額料金を音声込みで月2700円に値下げしたことへの対抗と見られます。KDDIの「povo」はドコモへの対抗策を発表しておらず、ソフトバンクの動きも踏まえて、今後何らかの対抗策を繰り出す可能性もあります。

ソフトバンクの「LINEMO」は、20GBを月2480円で利用できるオンライン専用プランです。eSIMやeKYCに対応し、LINEアプリから即日で申込可能。また、LINEアプリ内の通信はノーカウントとなるほか、LINEMOユーザーはLINEのスタンプが使い放題となる特典も夏より提供します。

Source:ソフトバンク