Live119

東京消防庁は9月9日、応急手当ての方法などを動画を通して指導できる映像通報システム「Live119」を試験導入しました。

Live119は、クラウド緊急通報サービスなどを手がけるドーン(兵庫県・神戸市)が開発した映像通報システムです。通報者がスマートフォンで撮影した動画を東京消防庁の担当者に送ることで、通報現場の詳しい状況(事故・火災や傷病の様子)を把握して、視覚的な情報をリアルタイムに収集する仕組みです。また、通報者に対して正しい応急手当ての方法を指導することにも役立つとしています。

Live119
▲Live119は、携帯キャリアメールを必要としないため、迷惑メールブロックの設定による通知不達を避けられる

Live119の試験運用は、東京23区特別区域内での119番通報を対象とし、消防管制室が通報者の電話番号宛に専用WEBサイトのリンクを送ることで、通報者は専用アプリをダウンロードせずに利用できるのも利点の1つとなっています。

なお、スマートフォンを活用した通報サービスは、すでに日立製作所が「119番映像通報サービス」として、全国の消防機関向けに販売しています。同サービスの利用には、スマートフォンの専用アプリが必要で、手書き入力や5か国語に通訳する機能などを搭載しています。


source:ドーン , Live119